湘南美容外科の脱毛はいつ抜ける?抜けない?アフターケアで炎症を抑制?

近年脱毛をするのは、おしゃれを意識する人の中ではもはや常識となりつつあります。そんな世の中になるにつれて、脱毛できる場所も年々増えてきています。

 

ですが、やはりしっかり脱毛の効果が感じられる医療用レーザーを使用していて、さらにお医者さんや看護婦さんが常駐して安心して施術できる場所となれば、脱毛クリニックでの施術をお勧めします。

 

 

湘南美容外科の脱毛はいつ抜ける?抜けないこともある?

湘南美容外科は医療用レーザーを使って脱毛してくれるので、永久脱毛が可能な場所です。しかし、高いお金を払っているのにも関わらず、期待に反して、思うように毛が抜けていないことがあり、不安になることもあるでしょう。

 

レーザーを当てたのに思うような結果が得られていない原因のひとつに、脱毛してからまだ1-2週間と日が浅いことが挙げられます。

 

脱毛は、脱毛しても、すぐに毛が抜けていくわけではなく、1-2週間と時間をかけてぽろぽろと次第に抜け落ちていきます。

 

ですから、脱毛後、はやる気持ちもわかりますが、1-2週間は肌の様子を見て、すぐに抜けないなどの判断をしないでください。

 

脱毛施術後はクリームを塗ってケアが必要

また、医療用レーザーは、毛根を破壊することによって脱毛していくのですが、この際に肌にある水分も一緒に蒸発してかなりの量を奪われてしまい、乾燥しやすい状態にあります。

 

この状態のまま放っておくと、どんどんと肌が硬くなり毛が抜けにくくなりますから、脱毛施術後はしっかりと、クリームなどを肌に塗ってあげて潤いを与えてあげてください。

 

クリームの効果により肌はしっとり柔らかくなり、毛は抜け落ちやすい状態になります。その他毛が抜けない原因として考えられるのが、単純に照射漏れです。

 

もともとレーザーの照射は丸く、丸と丸が重ならなければ、隙間ができてしまい、多かれ少なかれ照射漏れは少しはできてしまうものです。

 

かといって、照射が重なりすぎると、連続して同じ箇所を照射していることにもなり、やけどなどの原因にもなりかねず、悩ましいところです。

 

しかしながら、もともと照射範囲ではなかったという場合も考えられますし、肌荒れや日焼けしている箇所は照射することができませんから、この点をあなた自身がお忘れになっている可能性もありますよ。

 

照射漏れのリスク

照射漏れの特徴は、毛を引っ張ったりせずともとても明確で、一本の線のように毛が列をなして生えていたり、四角く残ってしまったりしています。

 

あとは、照射が当たっているところと比べて、毛の生え方や長さが明らかに違います。2週間と経たずに、診断できるでしょう。

 

このような照射漏れの状態になった場合には、施術後2週間の保証期間の間にクリニックに連絡して判断を仰ぎます。

 

もし保証期間を過ぎて照射漏れが見つかったとしても、1ショット750円の別料金を徴収されてしまいます。

 

照射漏れの判定をしてもらうには

脱毛後5日後から、2週間以内に再度クリニックへ行き、看護婦さんに最終判定をしてもらい、照射漏れとなった場合、無料で再度脱毛を行ってもらえます。

 

と言っても、部位によっては、毛根の深さなどにより、一度の照射では抜けにくく、照射漏れではないと、判断される場合もあるようです。

 

特に、VIOゾーンの箇所は、照射しても、もともとなかなか抜け落ちにくい箇所のようで、保証が適用される箇所ではありませんから注意してください。

 

また照射漏れかどうかは、看護婦さんによっても、判断が異なったりしますので、なかなか難しいところですね。

 

照射漏れかどうか自己判断をする際に、判断がつきにくく、自分で毛を思い切り引っ張ってみたりする人がいますが、もし照射をすでに行った部位の毛を引っ張ったりした場合、肌に炎症を与えてしまいますから、あまり自分で引っ張ったりせず、クリニックへ直接判断を仰いだ方が良いです。

 

シェービングをしないで照射漏れを判断してもらおう!

レーザーを照射したのに、まだ毛が残っている場合、少しの弱い力でも毛は抜けていくので、違いは一目瞭然です。

 

照射漏れかどうか判断を仰ぐために、基本的にシェービングせずに行くしかありませんが、シェービング代を徴収されたというような声も聞こえてきますので、はがゆいところです。

 

クリニックでも写真を事前に撮っていて、それで判断してもらえることもありますが、できれば、自分でも写真なども撮って証拠を残してから臨みたいものです。

 

尚、照射漏れなどではなく、生えムラがあり、それが気になる方も、絶対に毛抜きなど引っ張ったりせず、剃刀などで処理するようしてください。

 

照射漏れを防ぐ自己防衛としては、しつこいくらいに、看護婦さんに、照射範囲を事前に確認したり、毛が生えていない箇所でも、蛍光ペンなどでマークして、「ここもお願いします」アピールをすると良いです。

 

実際に看護婦さんも気づいてない場合もありますし、少し恥ずかしい行為かもしれませんが、脱毛も決して安くはないので、お金を有効に使うための、苦肉の策なのです。

 

湘南美容外科のアフターケアで炎症を抑制?

クリニックでは、最新の機種が使われ、脱毛の痛みも、光脱毛の場合とほとんど変わらない程度の痛みになりましたが、脱毛後の肌はやはり熱が少し赤味があり、熱もこもっていて火照りを感じます。

 

クリニックとしてのアフターケアは、保冷剤のようなもので、患部を冷却し、抗炎症の軟膏を塗るのみで、少々物足り感じではあります。ですから、炎症を起こさない為には、自分でもアフターケアにしっかりと注意することが必要です。

 

火照りを感じる箇所に自分でも保冷剤のようなものを用意し、クールダウンすると良いですね。脱毛当日は入浴せず、シャワーで済ますことはもちろんのこと、いつもと同じような日常生活を送るのではなく、できるだけ紫外線なども浴びないように注意してください。

 

塩素たっぷりのプールやサウナなども避けておいた方が無難です。また、先ほども少し申しましたが、保湿のためのクリームはたっぷり塗ってください。

 

脱毛後のアフターケアで、その後に生えてくる毛に違いが出てきますので、面倒くさがらずにひと手間かける価値はありますよ。

 

 

コメントを残す

  • 湘南美容外科の脱毛はいつ抜ける?抜けない?アフターケアで炎症を抑制?
  • 湘南美容外科の脱毛で中学生や未成年!同意書が必要?
  • 湘南美容外科の脱毛で顔(フェイス)の効果!範囲は全体?化粧はok?
  • 湘南美容外科で名古屋のひげの脱毛の口コミやキャンペーンは?
  • 湘南美容外科で全身脱毛の時間や期間!値段や解約は?可能な部位も!
  • 湘南美容外科で宇都宮のひげ脱毛の口コミや効果!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
蓄熱式脱毛のメリットやデメリット!
蓄熱式脱毛
近年、サロンやクリニックで使用される脱毛器はどんどん進化しており、痛みが少なく、効果の高いものが続々と開発されていますが、サロン、クリニック...