ピュウベッロの脱毛前の自己処理・剃り残しについて!シェービングはどうするの?

脱毛サロンにおける脱毛の前には、必ずムダ毛の自己処理が事前に必要となります。それを行わないと、追加料金を加算されたり、また施術自体も受けさせてくれないサロンがほとんどです。

 

それはピュウベッロも例外ではなく、脱毛前に自己処理を行うように指示をします。そもそも、自己処理はどうして必要なのでしょうか?

 

また、自己処理の方法はどうやってやるのでしょうか。今回は、ピュウベッロにおける脱毛前の自己処理や剃り残し、シェービングについて詳しく解説していきます。

 

 

どうして脱毛前に自己処理をするのか

基本的に、脱毛サロンに通う前は自分で毛の処理をしなければなりません。そもそも、自己処理を行う理由は肌のトラブルを防ぐためにあります。

 

多くの脱毛サロンでは、たいてい2〜3日前には自己処理を行うように指示を出されます。ほとんどのサロンでは遅くとも施術日の前日には自己処理をするようにお願いされます。

 

施術当日のぎりぎりに自己処理するとお肌への負担が大きくなるのでお肌のトラブルが発生するリスクが高くなるのです。

 

ピュウベッロはシェービング代がかかる?

安さをうりにしている脱毛サロンが多いですがもし自己処理を怠ってしまうと別途シェービング代金がかかりその分時間も長くなってしまいます。

 

ですので、安い値段ですますためにも、また肌の安全のためにも、脱毛前の自己処理は大変重要な作業となっているのです。

 

ピュウベッロの場合は施術当日にシェービングを無料でしてもらえますが、肌荒れが起きてしまうと施術を断れることがあります。

 

また、Oラインは当日にスタッフがシェービングをしてくれますが、基本的には事前に自己処理を済ましておきましょう。

 

ピュウベッロの脱毛前の自己処理や剃り残しについて

ピュウベッロでも例外ではなく、脱毛の1日前には必ず自己処理を行うように呼びかけています。

 

もしも自己処理ができていないと、光脱毛による肌のやけどや、ムダ毛処理における追加料金が加算されてしまいますので、ピュウベッロでも、基本的には脱毛前の自己処理を指示しているのです。

 

事前の自己処理の程度は、個人差にもよりますが、基本的に黒いぶつぶつが見えるぐらいまでの剃り残しで十分といえます。

 

その程度の剃り残しであれば、やけどの心配やムダ毛処理による追加料金の心配もなく済みますので、無理に深く剃りすぎなくても心配いりません。

 

ピュウベッロの脱毛前にシェービングは大切?

ピュウベッロをはじめとした脱毛サロンの利用の際には事前の自己処理やシェービングが必要なのですが、何でも自分でシェービングを行うのが大切だということではありません。

 

ピュウベッロでは、カウセリング後の当日に施術を受ける場合は、肌の負担も考慮に入れたうえで、来店1日前にはシェービングをするように指示はしています。

 

しかし、部位によっては自分でシェービングすると危険が伴うので、その場合はスタッフが丁寧にシェービングを行ってくれることもあるのです。

 

例えば、ハイジニーナ脱毛を受ける場合には、Vラインは自分でシェービングをできるので、基本的に自分で行ってもらうことになりますが、鏡を使わないと見えないIラインや、お尻の奥であるOラインは、自分でシェービングするには大変危険です。

 

ですので、そういう場合は無茶をしてシェービングを行う必要はないのです。

 

つまり、自分のできる範囲でシェービングを行っておけばいいのであって、どうしてもシェービングができないところはピュウベッロの専門のスタッフに任せることができるのです。

 

 

シェービングの方法

カミソリにやシェーバーよるシェービングの基本的な方法としては、まず力を入れずに行うことです。無理に力を入れすぎて毛を剃ってしまうと、肌にひどい負担がかかってしまいます。

 

決して、無駄に力を入れすぎないように毛を剃っていきましょう。その次に大切なことは、毛の流れを大切にして剃っていくことです。

 

毛の流れに逆らって剃ってしまうと、肌が傷つく可能性があります。毛の流れを大切にして剃るようにしましょう。

 

そして何よりも大切なことが、シェービングの際にクリームやジェルで保護することです。ジェルやクリームで肌を保護していないと、カミソリで剃り上げる際に力が入ってしまいます。

 

シェービングをする時は必ず専用クリームやジェルを塗ってお肌に余計な負荷がかかりすぎないようにしましょう。

 

シェービング後の保湿ケア

それと、他にもシェービングの際に欠かせないことがあります。それは、シェービングの後の肌の保湿ケアです。

 

それを怠ると、乾燥や肌の黒ずみなどが起きてしまい、結局肌を痛めることになってしまいます。自分でシェービングをする場合は、そういう肌のケアも忘れずに行うようにしましょう。

 

シェービングのおすすめは電気シェーバー!?

また、自分でシェービングを行う際におすすめな器具の一つに、電動シェーバーというものがあります。

 

普通のシェーバーやカミソリとは異なり電動シェーバーの場合毛流れとは逆の方向からでも処理することができます。

 

さらにシェーバーの刃が肌に直接触れないので傷つけるリスクが少なく安心してシェービングできます。つまり、肌へのダメージによるリスクが少なくて済むのです。

 

値段は、1000円から3000円で買うことができるので、カミソリや普通のシェーバーによるシェービングに自信がない方には大変おすすめな商品となります。

 

また、自分でシェービングをするのに自信がない場合は、その専門であるシェービングサロンに任せるという方法もあります。自分のできる能力に合わせて、適切なシェービングを行うようにしましょう。

 

ピュウベッロの脱毛前の自己処理・剃り残しのまとめ《時間がない方向け》

1.脱毛前にムダ毛の自己処理を行う理由は、肌のやけどを防ぐためであり、また無駄な時間やお金をかけさせないためである

2.ピュウベッロでは、来店1日前にはムダ毛の自己処理・シェービングを行うことを指示していて、剃り残しは、肌に黒いぶつぶつが残る程度までとしている

3.ピュウベッロは、自己処理やシェービングを自分で行うには危険なところには、専門のスタッフが処理やシェービングを行ってくれる

4.シェービングの基本的な方法は、力を入れずに、毛の流れに沿って、そしてジェルやクリームを肌に塗ったうえで毛を剃ることである

5.カミソリや普通のシェーバーによるシェービングに自信がない場合は、電動シェーバーを購入したり、専門のシェービングサロンに通うといい

 

 

コメントを残す

関連キーワード
ピュウベッロの関連記事
  • ピュウベッロのwチョイス脱毛の口コミや効果!4チョイス脱毛との違いは?
  • ピュウベッロのvioの口コミや効果!vラインの範囲は?
  • ピュウベッロの背中脱毛の美白効果や口コミ!フォトクリニカルでニキビも綺麗になるの?
  • ピュウベッロの脱毛前の自己処理・剃り残しについて!シェービングはどうするの?
  • ピュウベッロの顔脱毛の口コミや効果!鼻下や口周りの産毛脱毛の特徴は?
  • ピュウベッロとエピレの効果の違いや価格を比較

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
脱毛で鼻毛のリスクや注意点!
鼻毛
体の中でも、特に要らない!と思う毛の1つが鼻毛では無いでしょうか? 人の目に最も触れる顔の中央に位置し、少しでも鼻からはみ出ていると目立ち...
りゅうちぇるの青髭を薄くする方法!
髭脱毛
男性なのに人一倍お肌のケアをし、そのジェンダーレスな容姿や発言で一躍時の人となったりゅうちぇる。 毎日パックも欠かせない女子力が高いりゅう...