キレイモの機械の効果の持続性や時間!SSCやレーザーと比較!冷たいジェルなし?

全身脱毛とスリムアップが同時にできると評判の脱毛サロンのキレイモ。

 

イメージキャラクターに板野友美さんを起用し、様々な女性ファッション誌やWEBメディアに取り上げられて、今とても話題です。

 

そんなキレイモでは日本に数多に存在する脱毛サロンの中でも日本人の肌に合った、最新の脱毛機を使用しています。

 

キレイモの機械の効果の持続性や施術時間!

脱毛器は国産機を使用!

キレイモでは国産の光脱毛機「ピエル」という機種を使用して脱毛を行っています。製造元はMDS株式会社です。

 

ピエルの特徴は国産メーカーである為、日本人のお肌に関して熟知した方々によって製造されています。日本人の肌に合った脱毛機であるという事です。

 

ピエルは安全である事、安心出来る事、そして結果にこだわって製造されています。その為、サロンに導入するためには使用するための研修を受けなければなりません。

 

研修を受けて合格した後に製造元からディプロマ(修了証)が発行されて初めてサロンに導入する事が出来るのです。また脱毛機ピエルは照射範囲が広く、照射時間の間隔も短い為、施術時間も短くて済みます。

 

効果の持続性は?

キレイモで行っている脱毛は光脱毛です。医療レーザー脱毛とは違うという事をまず念頭に置いて下さい。医療レーザー脱毛については後述します。

 

まず光脱毛では何度も施術を受ける事で毛乳頭や毛母細胞にダメージを与え続け、その結果、少しずつ生えてくる毛が細くなっていきます。

 

体内には休止期に入っている体毛も在る為、何度も施術を繰り返すことで徐々に生えてくる体毛の量が減っていくのです。

 

全身脱毛を1度だけ施術しただけでは、少し時間が経つと成長しきっていなかった体毛が生えてきます。その為、光脱毛では1度の全身脱毛の施術だけでは、効果はほとんど持続しません。

 

キレイモの全身脱毛でほとんど自己処理が必要としない状態にまでには2か月毎に通ったとして、2年~3年はかかると言われています。

 

1回に掛かる施術の時間

キレイモでは月額制プランとパックプランで1回に施術を行う範囲が異なります。

 

月額制は上半身と下半身に分けて施術を行います。つまり1か月に1回ずつ来店し、1か月目で上半身を施術し、2か月目で下半身を施術するといった具合です。

 

それに比べ、パックプランは2か月に1回の来店ですべての部位の脱毛を行います。つまり月額プランにするか、パックプランにするかで1回の施術時間が変わってきます。

 

上半身にかかる時間が約90分、下半身には60分の施術時間です。パックプランは全身をまとめて行う為、約120分で施術を終えることができます。

 

しかし、実際にサロンに行くと施術時間以外にもメイクを落とす時間や、着替える時間がかかります。

 

また、施術後にはメイクをし直す必要や次回の来店の予約を取る時間などもかかりますので、施術時間にプラスして1時間程度の時間が別に掛かると思っておいた方が良いでしょう。

 

キレイモの機械とSSCやレーザーを比較!

SSC脱毛の特徴

SSCはスムース・スキン・コントロールと言い、抑毛効果があるジェルを身体に塗り、脱毛機を体面に滑らせるようにして照射していき、脱毛する方法です。

 

脱毛機の照射力が弱い代わりに、IPL脱毛と比べて痛みが少なく、敏感肌の方には向いている脱毛方法と言われています。

 

SSCで使うジェルは成長期の体毛だけでなく、体内にある成長途中にある体毛に対しても抑毛効果が在る為、毛周期を気にすることなく脱毛ができる事が最大の特徴です。施術も脱毛機を滑らせるようにして照射していく為、比較的早く施術を終えることができます。

 

デメリットとしては効果を実感するまでにある程度の期間が掛かる事や、背中やお腹の産毛には直ぐに効果が出ないという報告がしばしば見受けられる事です。また体に塗るジェルが冷たいという感触に対する悪評判が口コミに書かれていたりします。

 

SSC脱毛とIPL脱毛を比較

キレイモで使用しているピエルはIPL脱毛と呼ばれます。これは毛根にある黒い色素にだけ反応する光を、組織にダメージを与えて、組織を破壊し機能不全にしてしまうのです。

 

それに比べSSCは光を当てる事は同じですが、抑毛ジェルを塗り、その上から光を照射して抑毛ジェルを皮膚の中に浸透させ、毛の成長を抑制していくという方法です。

 

痛みの感じ方は人それぞれですが、それでもSSC脱毛とIPL脱毛を施術で受ける痛みの面からするとSSCの方が痛みは少ないようです。

 

しかし、SSCのクリプトンライトは照射力が弱く、痛みが少ない反面、効果を実感するまでの期間に時間が掛かります。

 

それに比べIPL脱毛で使用するキセノンランプには強い脱毛効果があるので、効果を実感するまでの期間はSSC脱毛より早く感じる事が出来ます。

 

レーザー脱毛とIPL脱毛を比較

レーザー脱毛機は光脱毛とは違い、医療機関でしか使うことができません。また種類も多々あります。

 

そこで今回はアリシアクリニックやリゼクリニック、クレアクリニックなどの多くの人気クリニックで使用されている人気のレーザー脱毛機について書きます。ライトシュアデュエットという機種です。

 

ライトシュアデュエットは世界で初めて永久脱毛の認可を受けた機種です。認可はFDA(アメリカ食品医療品局)という機関からのものです。

 

しかし、1度の施術だけで永久に毛が生えて来なくなる訳ではありません。人間には毛が生えそろう周期があり、その周期は部位によって異なるからです。

 

ライトシュアデュエットも光脱毛と同じく毛根にある毛乳頭や毛母細胞にレーザー照射する事で、毛が生えるメカニズムを破壊していきます。

 

その結果、体毛が以前より細くなったり、施術を繰り返す事で最終的には毛が生えて来なくなる訳です。

 

光脱毛との大きな違いは、照射する光の種類が異なり、光脱毛は複数の波長を含んだ光を広い範囲に照射していきます。

レーザー脱毛は単一の強い波長で熱を1点に集中させて照射するので威力が強く、短期間で細胞を破壊してしまうので、施術を受ける回数が少なくて済みます。

 

ライトシュアデュエットはダイオードレーザーというレーザーを採用しており、波長が長く、肌の奥の皮下組織まで届くので、毛根が深い人に対しても有効です。

 

医療機関で行われるレーザー脱毛で体毛がほとんど生えて来なくなるまでにかかる期間は光脱毛よりもかなり少なくて済みます。

 

光脱毛では、ほとんど自己処理の必要が無くなるまでにかかる期間は2年~3年と言われています。回数にすると、2か月に1回の割合で12回~18回という事です。医療脱毛では5~8回の脱毛で済みます。

 

 

医療脱毛は高額
しかし医療レーザー脱毛は高額です。光脱毛で脱毛完了までの費用と医療レーザー脱毛で脱毛完了までの費用は倍近く掛かります。

キレイモの機械での施術は冷たいジェルが不要?

キレイモで使用するピエルという脱毛機には光を照射するクリスタル面が最大でマイナス4℃にまで冷却される仕組みになっています。

 

その為、火傷などの皮膚のトラブルを未然に防ぐことができ、従来であれば身体を冷却する為に塗る必要があった冷却ジェルを塗らずに施術することができるのです。

 

またジェルを塗る時間が省ける為、時間短縮にもなるし、ジェルが冷たくて不快な思いをした経験のある方も安心して施術を受ける事が出来るのです。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

  • キレイモの脱毛で眉間の眉毛やおでこ!胸毛や指脱毛、うなじは?顔だけは?
  • キレイモで生理や妊娠、授乳中は?熱や風邪で当日キャンセル?クーリングオフは?
  • キレイモは芸能人やモデル、女優に人気?ユッキーナやタレントで3人ユニットも?
  • キレイモの機械の効果の持続性や時間!SSCやレーザーと比較!冷たいジェルなし?
  • キレイモの支払い方法!デビットカードやクレジットは?分割の審査や手数料は?
  • キレイモとコロリーを比較!料金や痛みは?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
脱毛後にお風呂で入浴しても良い?
脱毛
私たち日本人は毎日お風呂に入りたいと思っている人が多いと思います。 しかし、脱毛を行った日にお風呂に入るのはよくないとされています。 下...
脱毛が痛くないサロンの選び方!
脱毛
綺麗になる為には痛みも我慢!なんて言われますが、痛みに弱い人ではやっぱり痛みは苦痛! 最初の方は無理して通っても、段々施術に通うのが苦痛に...