顔脱毛は自宅で綺麗にする方法!メリットとデメリットは?

普段何気ない時にふと気になるのが顔の産毛です。顔に産毛があると、処理することを多々忘れてしまうこともありますし、顔の印象が暗くなってしまいます。

 

万が一うっかりしていて顔の産毛の処理を忘れてしまった場合にも、家庭用脱毛器を使用していればいつでもスベスベになれるかも?

 

自宅で顔のムダ毛処理を行うのであれば把握しておくべきデメリット、メリット等について紹介していきます。

 

顔脱毛を自宅でする方法

顔の産毛を自宅で処理するには幾つかの方法があり、それぞれにメリットやデメリットがある為、何を重視するか?がポイントです。

 

・カミソリ

顔の産毛を処理する最もオーソドックスな方法がカミソリで剃ることです。広範囲を手早く処理出来ることが最大のメリットですが、肌に傷を作りやすく、炎症を起こしやすいといったデメリットもあります。

 

また、処理を行ってもすぐに生えて来てしまい、剃った後に生えてくる毛は、毛の断面が見えるので目立ちやすいです。

 

・ワックス脱毛

即効性があり、広範囲から狭い範囲まで行えて、顔を傷つける心配無く行えるところがメリットで、毛を抜くので、次に処理を行うまでのスパンが長いのも良いところです。

 

ワックス脱毛は、コツを掴むまでは上手く脱毛出来ないことも多く、人によっては耐えられない痛みになることもあります。

 

・除毛クリーム

毛を溶かすクリームを塗布することで、見えている部分の毛を取り除く効果が得られる為、簡単に行えて、刃を用いて処理する方法に比べて処理後に肌がチクチクするといったことが無く、次に生えて来る毛も目立たない様に先が尖った、柔らかい毛が生えて来ます。

 

ですが、毛を溶かす作用のあるクリームなので、肌の弱い人では処理を行うことで肌が荒れる心配もあります。

 

さらに、施術後はしっかり洗い流せなかった場合にはいつまでもそのクリームが肌にとどまることで肌が強い人でも痒み、赤み等の肌トラブルを招く恐れもあります。

 

・家庭用脱毛器

家庭用脱毛器では、即効性のある除毛を目的として作られているものと、毛を少なくしたり、減らす目的で作られているものがあります。

 

ですが、どちらの場合でも、他のムダ毛処理方法に比べると肌にかかる負担を各段に減らすことが出来ます。

 

家庭用脱毛器の種類

除毛型の家庭用脱毛器の場合には、熱で毛を処理するので、処理後の毛が太く見えることも無いですし、刃を当てて剃る訳ではないので、肌を傷つける心配も少ないです。

 

脱毛を目的とする家庭用脱毛器では、サロンで行う光脱毛やレーザー脱毛と同様の仕組みで脱毛が出来ます。

 

光を照射するだけなので、どの処理方法と比べても肌への負担が少なく、肌に優しい処理が出来ることが特徴です。

 

家庭脱毛器の照射出来るエネルギーの詳細

家庭用脱毛器では、サロンやクリニックと同様に、照射出来るエネルギーの大きさによって光脱毛とレーザー脱毛の2種類が販売されています。

 

パワーの大きさで光脱毛とレーザー脱毛が行える脱毛器に分かれますが、サロンやクリニックで使用する脱毛器と比べるとのものと比べると出力は低い設定になっています。

 

よって、使い続けるうちに毛の量を減らしたり、毛が生えて来るスピードを遅くすることが可能なので、自己処理による肌トラブルが起きる可能性を低くすることが出来ます。

 

顔脱毛を自宅で綺麗にするデメリット

顔の産毛の自宅処理では、傷が付きやすかったり、上手く出来ないといった複数のデメリットが存在します。

 

顔と言う人目が気になる部分の処理なので、メリットばかりを重視するのではなく、デメリットもしっかり把握した上で、処理するのであれば細心の注意を払う必要があります。

 

自宅で顔脱毛を行う場合に生じる場合が多いとされているデメリットを以下で詳しく紹介します。

 

・痛くて継続出来ない

顔の脱毛で人気がある処理方法が、ワックスを使用して産毛を抜く方法です。この脱毛方法では、毛を毛根から無理に引き抜き、しかも幾つもの毛を同時に引っ張るので、勿論痛みは強いです。

 

また、カミソリやシェーバーを使用する方法でも、顔は皮膚が柔らかい部分なので、傷つきやすく、ケアをするたびに肌に負担がかかって痛くなるなんて場合もあり、顔の産毛処理を行うことが億劫になってしまうこともあります。

 

・家庭用脱毛器は面倒くさい

家庭用脱毛器は脱毛前にしなければない冷却だけではなく、照射などの全てを自分で行う必要があります。

 

さらに、脱毛ペースが10日に1回のペースとなりますので、高い美意識が必要になります。

 

・慣れるまで処理が大変

どの処理方法で処理を行うにしても、顔は目、鼻といった凹凸がある部位ですし、柔らかくデリケートな部分なので処理をすること自体も難しいです。

 

特に家庭用脱毛器を用いて脱毛を行う場合には、想像通りの処理が行えず、きちんと処理が出来ている部分と、そうでない部分が出来てしまったり、眉毛周辺の脱毛を行う場合には、眉の形が歪になってしまったりすることも考えられます。

 

・家庭用脱毛器は最適な照射レベルに調整しにくい

光脱毛の重要なポイントは照射レベルの調整が挙げられます。脱毛サロンに行けば、肌の水分量が測定されて各々に最適な照射レベルを設定してもらえます。

 

ですが、家庭用脱毛では実際に使用してみた結果、痛みを感じながら調整する必要があります。

 

・硬毛化してしまう危険性

脱毛していくうちに、一時的に広範囲に毛が増加していくことが硬毛化と呼ばれる現象です。特に家庭用脱毛器の場合は中途半端な照射レベルで脱毛していると産毛が濃くなってしまい硬毛化を引き起こしてしまいます。

 

この状態を放置してしまうと、増えた毛の良はそのままの状態になってしまいます。こういった危険性を回避するためにも、途中で脱毛を辞めないようにしましょう。

 

例え、硬毛化を引き起こしても再度脱毛を継続すれば、産毛が薄くなっていきます。

 

顔脱毛を自宅で綺麗にするメリット

顔脱毛をすることで得られるメリットは多く、特に女性にとっては嬉しいものばかり!

 

肌トラブル等に細心の注意を払い正しく処理を行う分には美肌になれて良いことづくしです。

 

・家庭用脱毛器では長期間処理をしなくとも気にならない

家庭用脱毛器をきちんと使いこなし、顔の脱毛を行った場合には、皮膚下にある毛根まで刺激してくれる為、ムダ毛処理の高い効果を感じることが出来ます。

 

処理を行ってから次の毛が生えて来るまでに他の処理法とはくらべものにならない長めの期間を要するので、うっかり顔の産毛処理を忘れてしまった!なんて時も安心です。

 

・掛かる費用がお手軽

最近では、手軽に脱毛が行えるプランが多く出て来ていますが、やはり自宅でケアする場合と比べると安いとされているプランでもかなりの差があります。

 

家庭用脱毛器を一度でも購入すれば、カートリッジに交換以外でお金がかかりません。顔脱毛を全て完了させる総額は家庭用脱毛器の方が脱毛サロンよりも圧倒的に少額で済みます。

 

・顔以外にも色々な部位で脱毛が可能!

自宅でムダ毛処理を行う場合には、高くとも、家庭用脱毛器の数万円程度の出費で顔脱毛は勿論、全身の毛を処理することが可能です。

 

脱毛サロンでは恥ずかしいデリケートゾーンといった部位の脱毛も家庭用脱毛器1つで可能となります。

 

身体専用のカートリッジへと取り換えるだけで、色々な部位を脱毛するができるのです。家庭用脱毛器は1つあれば、女性だけではなく男性も使用できますので、カップルにはおすすめです。

 

・サロンやクリニックに通う手間が掛からず、自分のペースで行える

自宅で処理を行う為に、少々面倒な脱毛の為にサロンやクリニックに通うということが無い為、通う手間を省けます。

 

サロンやクリニックでは、照射出来る回数や日にちが決まっていますが、自分で行う家庭用脱毛器を使用する場合には、満足行くまで期間を置きながら何度も脱毛が出来ますし、自分の好きな日、時間に行えるので効率的です。

 

家庭用脱毛器を選ぶポイント

 

肌への負担が少ないので、自宅で顔のムダ毛処理を行うのであれば家庭用脱毛器が断然お勧めです。

 

ですが、家庭用脱毛器にも今では様々な種類がある為、物によっては自分の期待する効果が得られない場合も考えられます。

 

家庭用脱毛器を新たに購入して顔脱毛を始めたい場合には、購入時に幾つかの項目をチェックする様にしましょう。

 

・どの方式を選ぶか?

家庭用脱毛器といっても上記で紹介した様な3つのタイプがある為、自分が脱毛器に何を期待するか?でそれらを選ぶことが大切です。

 

熱線式はムダ毛処理の回数は通常通りですが、肌に優しく除毛が出来るというメリットがあります。

 

光脱毛では、エネルギーが小さいので痛みをほとんど感じずに脱毛を行えて、照射範囲がレーザー脱毛に比べると広いので、広範囲の脱毛を手早く行うことが可能です。

 

レーザー脱毛では、痛みは強く、照射範囲が狭いものが多いので、処理に手間がかかりますが、エネルギーが大きいので、しっかりと毛に作用してくれます。

 

・照射面積の大きさ

一般的には、光脱毛がレーザー脱毛の家庭用脱毛器に比べると照射範囲が広いので、効果は弱くとも処理の楽さで言えば光脱毛型の家庭用脱毛器がお勧めです。

 

また、光脱毛型の家庭用脱毛器の中でも、照射範囲には結構な差があり、顔の脱毛のみに使用するのであれば小さい大きさのものでも問題ありませんが、全身に使用したい場合には照射範囲の広いものを選択する必要があります。

 

・照射レベルの調整

家庭用脱毛器では、同じ光脱毛型のものでもレベルの調整が細かく、最大では10まで設定出来るものもあれば、最大でも5程度までしか設定出来ないものもあります。

 

肌が敏感な人や、肌の状態によってレベル調整を行いたいばあいには、勿論レベル調整が細かく出来るものを選ぶべきです。

 

・コスパ

家庭用脱毛器では、特に光脱毛型のものでは、使い捨てのものとカートリッジを交換して使えるものがあります。

 

本体価格は安くとも、使い捨てタイプでは脱毛に重要な回数を重ねることが出来ませんし、カートリッジ式のものでは、ショット1回に付き幾らというものが決まっています。

 

よって、コスパで選ぶなら断然カートリッジ交換式のもので、その中でもコストを抑えたい場合には1回のショットにつきかかる単価が安いものを選ぶ様にします。

 

自宅で使える家庭用脱毛器のおすすめ!

家庭用脱毛器の種類はとても多いので、正直どれが良いか分からない!という人の為に、家庭用脱毛器の中でも効果が得られやすく、人気の種類をピックアップしました。

 

ケノン

楽天の家庭用脱毛器ランキングでも常に上位をキープする程圧倒的な人気がある商品です。価格は7万円程とかなり高価な品ですが、効果は比較的出やすいと評判で、男性の髭にも効果があるのだそう。

 

カートリッジ交換式の光脱毛に分類され、カートリッジの種類も豊富なので、処理したい部分によって使い分けることが出来ます。

 

照射レベルが10まで調整出来るところもポイントで、照射範囲3.5cm×2cmと家庭用脱毛器の中ではトップレベルの大きさです。

 

コスパ面でも、1つのカートリッジで、レベルを小さいものに設定した場合では20万回ショットを打つことが可能なので、コスパも良いです。

 

更に美顔器機能まで搭載されており、肌も綺麗になれる優れものです。

 

 

2PS(ツーピーエス)

本体にカートリッジやゴーグル等もついて、5万円程で購入出来ます。光脱毛式のもので、照射範囲は3.1cm×2.1cmで、レベルの調整が8まで出来ます。

 

超高速の照射が特徴で、手早く脱毛を行うことが出来ることが特徴で、照射間が3秒とかなり速いです。

 

カートリッジは13万2千ショットが可能で、カートリッジは脱毛用と美肌用の2種類があり、オプションとして美顔器機能を搭載することが出来ます。

 

 

ヒカリエピ

本体価格が2万5千円程度と、家庭用脱毛器の中では手が届きやすい低価格です。光脱毛式のもので、カートリッジ交換式ですが、カートリッジの種類は1種類のみです。

 

照射レベルは3段階で選ぶことが出来、一番小さい出力のものでは、エステで行うフェイシャル同様の効果が得られます。

 

コスパ面では、1つのカートリッジでは千五百ショットが可能ということなので、上記の2つに比べると、本体価格は安くても1ショット当たりにかかる料金は高めです。

 

脱毛器には、家庭用脱毛器では珍しく、クール機能が付いているので、照射後では素早く肌を引き締めてくれます。照射範囲も7.0㎠なのでケノンに次いで広いです。

 

顔脱毛は自宅で綺麗にする方法のまとめ

自宅で行う顔の産毛処理では方法が幾つかありますが、肌に優しい脱毛が可能で、継続して続けることでかなりの効果を期待できます。

 

今では本格派の脱毛器や、脱毛に合わせて美肌になれる機能まで搭載されている脱毛器まで多く販売されているので、処理方法の中でも家庭用脱毛器はおすすめの1つといえます。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
脱毛で和歌山県のおすすめ!
脱毛
和歌山県は、名産の有田みかんで知られる近畿地方の南部に位置する県です。近畿地方では1番人口が少ないです。 しかし、和歌山県の県庁所在地であ...
蓄熱式脱毛のメリットやデメリット!
蓄熱式脱毛
近年、サロンやクリニックで使用される脱毛器はどんどん進化しており、痛みが少なく、効果の高いものが続々と開発されていますが、サロン、クリニック...