顔の脱毛で汗がかきやすくなる?赤みが出ることも?

顔脱毛をすると、肌の色がワントーン上がって白くなったように見えるので、顔脱毛の人気がジワジワ上がっています。

 

人気が上がる一方で逆に脱毛をすることで、汗がでやすくなったという根拠がない噂もあります。ここでは、それは本当なのか何故そのような噂がなぜ流れたのかについてご説明いたします。

 

シースリーの顔脱毛の範囲!口コミや値段は?ニキビやアトピーでもok ?

 

顔の脱毛で汗がかきやすくなるの?

脱毛をすると汗を以前より多くかくようになったと言う人は一定数います。しかしそれはそう感じるだけです。

 

汗は汗腺から出る液体です。脱毛の方法として一般的な光脱毛・レーザー脱毛ともに毛の細胞にのみダメージを与えるので汗腺に影響を与えません。

 

ですので、光脱毛やレーザー脱毛で脱毛した後に汗の量が増えるというのは、医学的な根拠はありません。

 

顔脱毛で汗がかきやすくなると思い込む理由

どうして汗の量が増えたように勘違いしてしまうかというと、毛が体に存在している理由と関係があります。

 

毛が体に存在している理由は様々ありますが、その中の一つが人体の保護です。毛があることによって体が守られています。

 

例えばまつ毛だと、頭部や額にかいた汗が目に入らないために存在しています。そのように、毛は汗が流れ落ちないようにする役割を果たします。

 

毛は汗を吸収する

毛は汗の流れをブロックするだけではなく、汗を吸収します。汗は毛に吸収されると乾きが早いです。

 

逆に、毛が無い状態だと汗が吸収されませんから、汗が中々乾かず、顔から汗がしたたり落ちます。それにより、顔脱毛したせいで汗の量が増えたように感じるのです。

 

汗の量が増えたように感じても気にしない事が重要です。なぜなら、気にすると汗が増えるからです。

 

そもそも汗の種類とは

汗の種類は、体温調節のために出る汗と、辛い食べ物を食べた時に出る汗と、不安や緊張などで出る汗の3つがあります。その中でも不安や緊張で出る汗は多汗症の人によく見られます。

 

これは、気にしないというのが一番の解決方法と言えますが、難しい人もいると思います。そのような人は臭う汗が出ないようにする事をおすすめします。

 

常に涼しい部屋にいたり、運動を全くせずに汗をほとんどかかない状態を続けると汗腺の機能が衰えます。機能が衰えた汗腺からでる汗は不純物を多数含んでいます。その不純物により嫌な臭いになります。

 

半身浴や有酸素運動をする事で汗腺機能を回復させられます。それにより嫌な臭いがしない汗が出るようになります。

 

顔脱毛にクリームを使用してはいけない?

 

顔の脱毛後の赤みの原因

顔を脱毛した後に肌に赤みが出たという人も多いですが、これに関しては勘違いなどではなく実際に起こることです。

 

脱毛は主に毛のメラニンに作用するので、大きくダメージを受けるのは毛だけなのですが、多少なりとも皮膚のメラニンにも反応するので、皮膚にも多少のダメージがあります。

 

特に次のような状況だと赤みが出やすいです。

 

日焼けして間もない

紫外線が強い時期に日焼け対策をしていない状態でレーザーや光を照射すると赤みが出やすいです。紫外線によって肌にダメージが加わっていることと、日焼けした事によってメラニンが増えているからです。

 

脱毛はメラニンに反応しますので、顔にたくさんメラニンがあればより多く反応するのです。

 

しかし、それは過剰な反応になる場合もあり、メラニンの量によっては赤みだけではなく、ヤケドの可能性も出てくるので日焼けの後は脱毛しない方が無難と言えます。

 

乾燥・肌荒れしている

肌が乾燥していたり、肌荒れしていると赤みが出やすいです。肌のバリア機能が衰えているからです。

 

日頃のムダ毛処理をカミソリで行っている方は、自分でも気付かないうちに肌に細かな傷が出来ていたり、乾燥しています。

 

その状態でレーザーや光を照射すると赤みが出るどころか、他の肌トラブルも出る可能性があります。

 

風邪を引いている時

体調が悪い時はダメージに弱くなっています。それゆえ、体調が悪い時はレーザー脱毛・光脱毛ともに施術を受けられないことになっています。

 

もし体調が悪いことを施術スタッフにきちんと申告しないままレーザー脱毛・光脱毛をすると、赤みや他の肌トラブルが起きるだけではなく、体調の悪化を招きます。

 

風邪だけではなく、持病やアレルギーを抱えていたり、予防接種を受けた直後なども施術を受ける事は出来ません。

 

前日・当日の飲酒

前日・当日の飲酒はしない方が無難です。アルコールに弱い人は体調が悪くなるからです。

 

普段アルコールに強い人だったとしても、クリニック・エステサロンは非日常空間です。緊張で酔いが回る可能性も否定できません。体調が悪くなる事により肌が刺激に弱くなります。

 

施術後の運動

施術後に運動するのはおすすめできません。体温が上昇して血行が活発になり、赤みが出やすくなります。施術後の運動が良くない理由のもう一つは、大量の汗をかいてしまうことです。

 

大量の汗をかくとタオル等で拭くことになります。レーザーや光の照射で敏感になっている肌をこするのは厳禁です。

 

顔の脱毛で赤みが出た時の対処法

・冷やす

クリニックやエステサロンでも顔脱毛後にクールダウンの処置をしてくれますが、自宅でも冷やした方が良いです。

 

顔脱毛を自宅で綺麗にする方法!メリットやデメリットは?

 

その際気を付けなければいけないのは、保冷剤等を直接顔に当てると冷え過ぎて肌にダメージを与える恐れがあります。

 

ですので、保冷剤等にタオルを巻いて直接肌に当たらないようにして肌を冷やすようにしましょう。

 

・保湿する

赤みが出る最大の原因は乾燥なので、赤みが出た時は化粧水をこまめに塗って肌に潤いを与えましょう。

 

顔脱毛は他の部位の脱毛よりも特別感があるゆえに、日頃使っているものではない高価な化粧水を使いがちです。

 

しかし、化粧水を使うにあたって重要なのは値段の高さではなく、自分の肌に合っているかどうかです。

 

高価であっても自分の肌に合っていない化粧水だと、肌に潤いを与えるどころか赤みを強くさせてしまいます。

 

ですので、高価な化粧水である必要は無く、日頃使っているものを使った方が赤み対策には有効です。

 

顔脱毛で化粧は当日から可能!?

 

湯船に浸からない

赤みが出ていない場合でも脱毛当日は湯船に浸からない方が良いのですが、赤みが出ている場合は特に湯船に浸からない方が良いです。

 

血行が活発になるためです。前述したように血行が活発になると赤みが強くなります。ですので、湯船に浸からずにシャワーだけで済ませるべきです。

 

そして、シャワーの温度はぬるま湯程度(38度ぐらい)に設定をし、なるべくダメージを与えないようにする事がポイントです。

 

湘南美容外科の顔脱毛の効果や範囲!

 

コメントを残す

関連キーワード
顔脱毛の関連記事
  • 顔脱毛にクリームを使用してはいけない?
  • 顔の脱毛で姫路のおすすめ!
  • 顔脱毛は自宅で綺麗にする方法!メリットとデメリットは?
  • 顔の脱毛は何回で効果がでる?
  • 顔の脱毛で汗がかきやすくなる?赤みが出ることも?
  • 顔の脱毛はアトピーでも大丈夫?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
顔の脱毛で姫路のおすすめ!
脱毛
兵庫県姫路で人気のある顔脱毛のサロンとはどんなお店があるのでしょうか?お店によって価格も違います。 どのような料金体系があるのか?人気のお...
顔の脱毛はアトピーでも大丈夫?
顔脱毛
アトピーの方が脱毛をする際に悩むのが、症状の悪化や断られると思うことが原因かも知れません。しかし、脱毛できるサロンやクリニックが多くあります...