顔脱毛にクリームを使用してはいけない?

男女問わず今顔脱毛は需要があります。女性のケースですと顔の産毛を失くす事によってファンデーションのノリが違ってくるなど効果があります。

 

脱毛クリームは簡単に購入する事ができ、毛の除去も剃るより簡易です。しかし顔に使用して果たして危険性などはないのでしょうか?

 

そして顔脱毛に使える脱毛クリームは存在するのか紹介していきます。

 

脱毛クリームは顔に使用してはいけない!?

顔というのはちょっとした事でも敏感に反応しています部位です。本来顔用の、美容液等のローションなどでも肌荒れの元になったりすることはざらです。

 

そこへアルカリ性分を含んだ脱毛クリームを使用するのは大変危険な事と言えます。顔に使ってはいけないとかかれたクリームを使用するというのは大変高リスクです。

 

顔はとても敏感でお肌の事故が多い部位

脱毛クリームには毛のタンパク質を破壊する強い有効成分、つまり強いアルカリ性分も含まれています。この強いアルカリ成分などが毛を溶かすわけですが、肌には多大な負担になるのです。

 

肌もタンパク質でできています。当然タンパク質を壊す肌クリームを塗れば肌にも大きなダメージが残ります。

 

クリームを塗っているのが毛の部分だけではなく、お肌にも付着しているという事を認識しましょう。顔の皮膚は薄い構造をしています。ちょっとした事ですぐダメージを負ってしまうのです。

 

それに顔には目鼻口という大切な器官があり、体内にクリームが入ってしまうトラブルもありえます。脱毛しては困る眉毛や頭髪もあります。髪や眉毛を誤って脱毛しては大変です。

 

天然素材のもので顔に使用するのは要注意!

顔は常時人から見られる部位です。酷い肌荒れなどを起こしたら外出するのにも躊躇してしまうような事になりかせません。外出にまで制限がかかってしまう顔のトラブルはリスクがあまりにも大きすぎます。

 

近年では肌に比較的優しいと言われている弱アルカリ性のものや、天然素材を使用していると宣伝している脱毛クリームでも顔には使わないでくださいと注意書きがされているほどです。

 

このように顔に脛毛などを脱毛するためのクリームなどを使用するのは顔の、お肌のトラブルを高確率で起こしてしまう事を覚えておきましょう。

 

顔に使ってもいいと記載されているクリームでも、乾燥しがちな肌をもっている方や、敏感なお肌の持ち主は十分に注意して使用することが必要です。

 

トラブル時、対処が遅れる

例えばサロンなどに通っていてお肌のトラブルに見舞われたとします。そういったケースもだいたいのサロンは想定内で、すぐに相談窓口や提携している医療機関を用意しています。

 

100%安全な顔脱毛が確約されているならまだしも、僅かな%とでもトラブルの確率があるなら、上記のような機関がないと不安です。

 

脱毛クリームを使用した場合、当然お客様センターなどのサポートはあるでしょうが、相談したところで使うのをやめて医師の診断を受けてくださいと言われるだけです。

 

病院に連絡して、近隣の皮膚科を探し、ようやく診断を受けるとなると大変な手間です。肌荒れの悪化がさらに進行しているかもしれません。

 

診察を受ける事が遅れ、顔のお肌に多大なダメージを残してしまうと後悔してもしきれません。脱毛クリームを顔に使った場合、後のリスクは十分に考えて備えておく必要があります。

 

リスクを十二分に理解すること

顔に脱毛クリームを使ってみようと考えている人は、いきなり顔全体に塗布するなんて真似はしないでください。まずはバッチテストをしてみましょう。方法としては体が清潔な状態で行います。

 

例えばお風呂上りにバッチテストを行うのが良いです。まず絆創膏のガーゼがついている部分にクリームを塗ります。

 

そして絆創膏を腕などに貼り付けます。30分ほどたって痒みなどないか確かめます。異常がなければ一日貼っておきます。それでも異常がなければ顔で試してみましょう。

 

もし、バッチテストで異常が出るようならすぐに箇所を洗い、痒み肌荒れが続くようなら皮膚科などにすぐ行きましょう。これなら例えお肌にトラブルが生じても、ごく小さい一箇所に、ダメージを受けるだけです。

 

このバッチテストで湿疹や痒み痛みといったものが出てきたなら、その脱毛クリームを使用する事は控えた方が良いです。

 

強い痛みの可能性

いくら顔に脱毛クリームをつけることが危険だと言われても、簡単に脱毛できてしまう事から顔にクリームを塗布して脱毛してしまう人はいるでしょう。

 

毛を抜く時の痛みとは違って、脱毛クリームは毛を溶かして毛を取り除きます。その時皮膚に負担がかかってしまうわけですが、そこでヒリヒリした痛みが出たら赤信号です。

 

ヒリヒリとした痛みを感じた場合、それは強烈な薬剤で皮膚を傷めた時に起こる痛みなので、すぐに洗い流す必要があります。

 

洗い流しても痛みが続くようならクリームによる皮膚の炎症が起きている可能性が高いので皮膚科をすぐ受診することをお勧めします。

 

お肌を老化させる

カミソリや毛を抜くだけでもお肌にダメージを与えてしまいますが、同様の事がクリームで脱毛をした場合でも起こります。

 

皮脂の膜が剥がされて乾燥肌になり、乾燥肌になると外部からの刺激に弱くなり、荒みやすい肌ができあがります。吹き出物ができる原因にもなります。

 

そしてさらにニキビや肌荒れが進行すると、肌の真皮にまでダメージが及ぶ可能性が高くなります。そこにダメージが蓄積されると、肌の形成や艶、張りなどを作り出すコラーゲンが壊されてしまいます。

 

そこまで肌荒れが進むと肌がたるんだり、シワが増えたりして肌の老化現象が一気に加速します。

 

一度破壊されたコラーゲンを立て直すのは大変困難で、脱毛クリームなどで真皮を傷つける行為はお肌にとって取返しようがない行為になります。

 

顔用の脱毛クリームとは

近年では顔専用の脱毛クリームも発売されています。ムダ毛のケアはカミソリなどが主ですが、カミソリで負けてしまい、しばらくするとすぐ生えてきて痒みがあるなんて事があります。

 

それとは対照的にカミソリのような傷つけ方はしません。しかし脱毛クリームならどんな物でも顔に使えるというわけでもありません。体の中でももっともデリケートな部位である顔に使用するクリームは慎重に選別する必要性があります。

 

全身に使う脱毛クリームと違って、顔だけに使える脱毛クリームはそんなに多くの種類がありませんが存在はします。

 

塗布して洗い流すタイプ

塗布して洗い流すタイプは、まず顔に塗って時間をおいてから洗い落とすものです。脱毛クリームを塗布することにより毛を溶かしてしまうものです。カミソリで処理した場合と違い毛先が丸くなるのでチカチカすることはあまりないです。

 

しかし、用法容量を厳守しなければ、肌に多大な負担がかかってしまいます。また洗い流す時もきっちり洗い残しがないようにしないといけません。

 

パック式で剥がすタイプ

また、塗布した後に洗い流すのではなく、パック式で剥がすタイプがあります。ムダ毛が剥がすパックにひっついてくるので、脱毛した実感が手に取るようにわかるでしょう。

 

ムダ毛以外にも毛穴に潜んでいる角栓や汚れも一緒にとってくれるので、お顔がさっぱりするはずです。

 

抑毛クリームの効果

そして脱毛クリームとは少し違いがあるのですが、抑毛クリームというのもあります。これは毛を溶解するのではなく、毛の毛乳頭にアプローチします。

 

毛の伸びる力を抑えたり、生えてきても細い毛ですむようにするクリームです。ただ、効果が目に見えて発揮されるまでに時間がかかるようです。

 

アフターケアが大事

もし脱毛クリームを顔に塗布した場合は脱毛が終わったあとにしっかりと美容ローションなどでケアしてください。

 

肌の保湿を実行する事で肌の手入れはもちろん、毛穴を締める効果があり、菌が侵入してくるのを防ぐことができるからです。

 

脱毛したすぐ後は何も起こらなくても、時間が経過するにつれヒリヒリとした痛みや肌荒れなどお肌のトラブルが起こってしまう事は多々あります。

 

メリットデメリット

メリットとしては剃った場合より、深い部分まで毛を除去するので青髭状態になりにくいです。

 

シェーバーなどで剃った場合は断面の太い部分が表に出てくるので太く見えますが、クリームを使うと再び生えてくる毛も毛先が丸くなっているので細い毛に見えます。

 

再び毛が生えてくる早さがクリーム脱毛の場合、剃った時より遅くなります。また、塗るだけという簡易さもメリットです。

 

反面、デメリットはクリームに含まれた成分による肌荒れの危険性が高いです。そしてクリーム脱毛に慣れてない場合は毛が脱毛しきれず残ってしまう事があります。

 

臭いなど強い脱毛クリームが多いです。使っている最中にひりひりと痛みが出る危険性があります。

 

スポルン/ホワイトウブピールパックがおすすめ?

 ヒゲを気にしている女性は意外と多いのが現状です。ですがカミソリなどで剃ってしまうと、お肌へのダメージが多大なものになってしまいます。

 

もちろん女性なので男性のように濃い毛が生えるわけではないのですが、化粧ノリの天敵である産毛を取り除くにはもってこいのパックです。

 

産毛だけでなく、角栓や毛穴の汚れも取り除いてくれます。大豆のエキス、発行エキス、ダイズステロールなどの大豆にある美容成分が含まれています。

 

これらの成分を含んだ スポルン/ホワイトウブピールパックをする事により少しずつ産毛を減らしていく効果が期待できるのです。

 

前述でも述べましたが、口周りに塗ってあとは簡単、剥がすだけで毛や毛穴汚れ、角栓を除去してくれるようです。

 

コメントを残す

  • 脱毛クリームは根元からムダ毛を処理する!?
  • 脇脱毛で市販クリームのおすすめは!?
  • 顔脱毛にクリームを使用してはいけない?
  • 脱毛と除毛と抑毛の違いとは!?
  • 脱毛クリームでメンズのオススメ!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
シースリーは中学生も脱毛が可能?
c3
最近は脱毛でも低い年齢から通い始めることの出来るサロンが増えて来ています。その中でも比較的早い年齢から通うことが出来るのがシースリーです。 ...
脱毛サロンで秋田県のおすすめ
脱毛サロン
秋田県で急激に増加している部分脱毛・全身脱毛ができるサロンがあります。しかし、どの店舗に行けばいいのかを悩んでいる方も多くいると思います。 ...
顔の脱毛はアトピーでも大丈夫?
顔脱毛
アトピーの方が脱毛をする際に悩むのが、症状の悪化や断られると思うことが原因かも知れません。しかし、脱毛できるサロンやクリニックが多くあります...