顔の脱毛はアトピーでも大丈夫?

アトピーの方が脱毛をする際に悩むのが、症状の悪化や断られると思うことが原因かも知れません。しかし、脱毛できるサロンやクリニックが多くあります。

 

アトピーや敏感肌にも対応できることが必須条件となりますが、近年は増加傾向です。また、アトピーの方以外でも顔脱毛はかなり抵抗があるみたいです。

 

それは、顔のトラブルが起きないか不安になるようです。そこで、脱毛の知識を踏まえた上で正しい施術を行えば脱毛を行えるようになります。

 

敏感肌やアトピー肌でもトラブルがなく脱毛できることを紹介していきます。

 

シースリーの顔脱毛はアトピーでも問題ない?

 

敏感肌やアトピー肌でも脱毛は可能?

肌やアトピーの状態で施術を断られる可能性や施術ができない可能性があります。また、薬の服用や塗布の状況でも脱毛ができない可能性があります。しかし、重度である場合です。

 

服用や塗布をしていないアトピー肌や乾燥肌の方は、脱毛を受けられる可能性が高くなりますが、病院に相談してから契約しましょう。

 

ステロイドを服用している方は、脱毛できない可能性が高いですが、どうしても脱毛するときには担当医と相談し、許可をもらって脱毛しなくてはいけません。

 

基本的にはアトピー肌や敏感肌でも脱毛ができますが、心配な方は1人で悩まずに相談することで解決できます。

 

担当医師やサロン、クリニックでも相談可能!

最初はかかりつけの担当医師に相談すれば、今の状況で脱毛が受けられるかを判断できます。そして、次にサロンやクリニックのカウンセリングで相談できます。

 

担当医から同意書を書いてもらうことで、レーザーやフラッシュの脱毛が可能になります。そして、サロンやクリニックに同意書を見せることで脱毛の契約がスムーズになります。

 

サロンやクリニックで皮膚の疾患があり、心配になる方はパッチテストを受けることで、脱毛の施術が受けられるのかを判断できます。

 

脱毛で塗るジェルの成分で脱毛できないことも!?

脱毛をする際に塗るジェルや術後のケアーに塗るジェルの成分によって脱毛できない可能性もあります。契約する際には調べておく必要があります。

 

アトピー肌や敏感肌の方は肌に傷があるときに脱毛を行った場合は、症状が悪化することがあるので担当医やカウンセラーに相談することが必要です。

 

ニードル脱毛は永久脱毛の施術方法の1つですが、アトピー肌や敏感肌の方はニードル脱毛ができない可能性があります。

 

それは、1本ずつ毛穴に針を刺して、毛根を破壊してしまうほど刺激が強いため、肌を痛め症状を悪化させる可能性があります。

 

アトピーの症状が酷い場合は?

症状が酷いときには、肌の負担を避けるために断られるケースが多くなります。もし、脱毛ができるようでも、アトピーの箇所を避けて脱毛するようになります。

 

症状が軽く、施術を受けられた方法でも施術ができなくなる場合があるので、担当医やカウンセラーに相談して確認することが大事です。

 

肌環境は日によって、さまざまですがアトピー肌や敏感肌の方は脱毛を焦らずにすることや脱毛を決めた際には、余裕のある期間を選ぶことも大事になります。

 

肌の炎症が酷くなってしまうと、知らずに掻きむしったりして肌に傷がつき施術ができなくなる可能性などもあります。

 

症状が酷い時は担当医の方などに相談しよう!

症状が酷いときにも施術が可能ですが、その際にトラブルが起きた場合のためにも専門医がいるクリニックや医療提携しているサロンが安心して受けることができます。

 

症状が酷い場合はサロンやクリニックで使用しているジェルも合わなくなる可能性があるので、施術する前に相談することが必要です。

 

施術時に使用されている照射レーザーやライトも合わなくなり、色素沈着や炎症をおこしてしまう可能性があります。

 

症状が悪化した思った場合には、病院や担当医やサロンの担当者に必ず相談してから脱毛を行うことが大事です。

 

アトピーの方の脱毛の注意点

まず、第一に刺激に弱いアトピー肌や敏感肌の場合でも脱毛できるのかを確認する事です。今は、公式ホームページに記載されているので、確認しやすくなっています。

 

それと、サロンを選ぶ際に必要なポイントとして、医療提携しているサロン選びが大事です。もし、トラブルが起きた場合でも柔軟に対応できリスクも少なくなります。

 

医療機関やサロンによって、脱毛方法やライトの温度やアフターケアにも違いがあります。そこで重要なことは、公式ホームページで確認することが大事です。

 

パッチテストも受けよう

契約前のパッチテストは必ず試してみることが大事です。実際に受けてみると肌に合わないことがあったりします。

 

また、カウンセリグをする方と施術する方が違うことがあるので、必ず施術医にも肌の状態を伝えることで、トラブル回避も繋がります。

 

パッチテストを受けて1週間前後にトラブルがないのかを確認してから契約を結ぶことにした方がいいでしょう。もし、サロンを変更する場合にも、必ずパッチテストは受ける必要があります。

 

途中解約や返金が可能かどうか

途中で解約や返金がスムーズにできるサロンやクリニック選びも重要です。途中で肌の状態が悪化し脱毛ができなくなる可能性もあります。

 

サロンの場合は特定商取引法という法律が適用され、残りの回数が返金され途中解約ができます。(総額5万以上・契約期間1カ月以上が対象)

 

クリニックは特定商取引法の対象外となり、解約や返金されない可能性もあるので、カウンセリングの際に途中解約や返金システムを聞くことでスムーズに対応できます。

 

わきの脱毛は特に注意が必要なのですが、皮膚が薄いので刺激が強すぎてしまうと、炎症やケロイドになってしまいます。

 

炎症などを抑える為に氷で冷やしてから2~3日様子を見て、それでも治まらない場合には、病院で診察をした方がいいでしょう。

 

アトピー肌や敏感肌の方は自己処理がタブー?

アトピー肌や敏感肌の方は脱毛ができないと思い、自己処理をしている方が多いと思いますが、これが肌のトラブルにも繋がっているかも知れません。

 

カミソリ・脱毛クリームなどで処理をすることは肌を傷つけてしまい、症状を悪化させてしまうおそれがあるので、その対策として脱毛をすることで肌の負担を減らすことができます。

 

カミソリで処理をするのは、皮膚の表面を削ってしまう行為で表皮のセラミドを失い、肌を守っている機能を低下させてしまいます。それにより、症状を悪化させてしまうかも知れません。

 

毛を抜くのも肌トラブルが起きる!?

また、毛を抜く行為も自己処理は肌のリスクを高くしてしまいます。ですので、肌のリスクを考慮すると、脱毛サロンまたはクリニックの施術を受けた方が肌への負担を軽減できます。

 

毛を抜くときに起こるトラブルが毛嚢炎と言われている、赤いブツブツになるのですが、一般的には2~3日で治まります。しかし、酷くなって肌に悪影響がでてしまうので注意が必要です。

 

自己処理をしすぎると、色素沈着や炎症をおこしてしまうおそれがあります。色素沈着は皮膚にあるメラニン色素が増えて起こり、皮膚が黒ずんでしまうことです。

 

炎症は少しの傷からバイ菌が入り込んで熱を持ち痒みなどを引き起こす可能性があります。しかも、かき毟ったりして傷ができてしまうので注意が必要です。

 

脱毛クリームや脱毛シートにも要注意!

脱毛クリームに配合されている成分は肌に刺激を与えてしまうことが強く、肌に合わなければ乾燥や痒みがでてきてしまいます。

 

また、脱毛シートも肌に強い刺激を与えてしまう可能性があるので、アトピー肌の方含め、敏感肌の方でも要注意です。

 

他の自己処理でも肌に強い刺激を与えてしまうことが多いようです。なので、症状を悪化させないためにも自己処理はおすすめできません。

 

なので、脱毛できるクリニックやサロンで、肌を守るために脱毛を考えることが大切です。

 

コメントを残す

関連キーワード
顔脱毛の関連記事
  • 顔脱毛にクリームを使用してはいけない?
  • 顔の脱毛で姫路のおすすめ!
  • 顔脱毛は自宅で綺麗にする方法!メリットとデメリットは?
  • 顔の脱毛は何回で効果がでる?
  • 顔の脱毛で汗がかきやすくなる?赤みが出ることも?
  • 顔の脱毛はアトピーでも大丈夫?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
脱毛でTBCメンズの口コミや効果!
TBC
“脱毛”と聞くと、女性だけの問題かのように思えます。しかし今では、男性も脱毛をする人が増えています。 脱毛する理由は人それぞれでしょうが、...
脱毛で鼻毛のリスクや注意点!
鼻毛
体の中でも、特に要らない!と思う毛の1つが鼻毛では無いでしょうか? 人の目に最も触れる顔の中央に位置し、少しでも鼻からはみ出ていると目立ち...