光脱毛で副作用や後遺症?白髪が増えるしリンパに悪影響?

光脱毛は痛みが少ないことや価格安さは勿論、最近の脱毛機器は安全性が高いということからも挑戦しやすくなっていることもあり、手軽に始められる美容法として知られています。

 

ですが、手軽に始められるが故にリスクについての知識がおろそかになりがちに。

 

安全と言われる光脱毛でも、決まり事を守らなかったり、ケアが十分でない、はたまたサロン側のミス等で取り換えしのつかない結果を招いてしまうこともあり得るということを知っておかなければいけません。

 

今回は光脱毛のメリットに隠れてしまいがちな光脱毛のリスクについてご紹介していきます。

光脱毛の副作用や後遺症!

最近の脱毛機器では、日本人の肌に合う様に作られているものや、脱毛と冷却を同時に行うことで肌にほとんどダメージを与えずに脱毛出来るものなど、高品質の機器が多く出て来ており、光脱毛は安全性が高いことでも知られています。

 

よって光脱毛のメリットにばかり注目が集まり、そのリスクについてはあまり知られていません。ですが実際のところ、あまり多くは無いものの、光脱毛による肌トラブルも報告されています。

 

以下ではそれらについて具体的に取り上げて行きます。万が一!ということもあり得ますので、脱毛を始める前に一通り知っておきましょう。

 

炎症・火傷

脱毛後に起こる副作用として最も多く知られているのが炎症です。光脱毛は肌に与えるダメージもそれなりに大きい為、脱毛後は大半の方が肌がヒリヒリしたり肌の赤みが確認出来ます。

 

ですが、脱毛後のクールダウンや保湿をしっかりと行えば、通常であれば数時間や1-2日程度で軽い炎症は治まります。

 

ですが、中には3日以上経っても肌がヒリヒリと痛かったり、色素沈着が起きてしまう場合もあり、そういった場合には火傷をしている可能性がある為、病院で治療を受ける必要があります。

 

火傷の跡が残ってしまうと、それを綺麗に治すのは難しい場合もあります。なので、早めの処置、それ以前に実績があり、しっかりとした腕を持つ信頼出来るサロンを選ぶことが大切です。

 

硬毛化・多毛化

毛を無くすはずが、逆に毛が濃くなったり、多くなってしまった!というトラブルも見られます。これは産毛の部分で起こりやすい症状で、レーザーの刺激が毛母細胞を活性化させてしまうことによるものという説があります。

 

脱毛をしているのに毛が多くなったり、太い毛が生えて来てしまうとびっくりしてしまいますが、こういった症状が現れてしまった場合にも、出力を変えたり、一旦施術をお休みしたりと様子を見ながら脱毛を進めて行くことで脱毛を進めることが出来ます。

 

毛嚢炎

脱毛後は目に見えずとも肌ダメージはかなりのものに。勿論バリア機能も弱っています。無防備な状態で雑菌が入ってしまうと、肌に赤みや痛みが出てニキビの様なブツブツが出来てしまいます。

 

雑菌が入ってしまったことが原因の為、これ以上悪化させない様に肌の清潔を心掛けることが大切です。痛みや赤みが強かったり、化膿が見られる場合には医者に掛かる必要があります。

 

埋没毛

稀に全身脱毛で見られますが、主な原因として考えられるのは自己処理による肌の傷です。よって全身脱毛をしていない人でもよく起こる症状です。こちらは肌の保湿をしっかり心掛けることにより自然と解消されることが多いです。

 

これらの他にも、汗が増えたり、皮膚がんになる、ホルモンバランスが崩れるといった噂もよく耳にしますが、今のところは脱毛をしたことでこういった影響が出ることは無いと言われています。

 

脱毛は紹介した様なリスクが伴うことをしっかりと把握し、脱毛を行う際には、トラブルが起きた際に保証をしてくれる制度を設けているところを選ぶ様にしましょう!

 

光脱毛はリンパに悪影響?

ごく稀な症状ではありますが、脱毛を受けられた方の中には、リンパ腺障害を誘発してしまう方も見られます。

 

リンパ腺は体の老廃物をこして体外へと排出してくれる非常に重要な器官であり、脇や膝の裏、太ももの付け根等に位置します。

 

この部分が脱毛の強い刺激や衛生面の不備等が原因となり、支障を来してしまうことがあります。

 

通常、光脱毛では肌表面に見えるトラブルの方が起こりやすいのですが、こちらは肌内部にダメージが行くことで皮膚の奥の方で痛みを感じたり、しこりが出来るといった症状が現れます。

 

肌内部のダメージを治すには長期間かかる?

しこりが出来る程ダメージを受けるということはあまりありませんが、肌内部のダメージなので、痛みが無くなるまでに1-2か月と長い期間を要します。

 

リンパ腺障害は、初めて脱毛を受ける場合や、特に4回目までになりやすいと言われています。

 

また、肌が光に強く反応してしまう人も起こりやすいと言われていますので、そういった方は予めサロン側と相談しながら体調を見つつ脱毛を進めて行くようにしましょう。

 

光脱毛で白髪が増える?

一部では、光脱毛をすると白髪が増えたと言う人がいます。ですが、これは全く根拠の無い噂です。光脱毛を行ったことで白髪が増えるということは現時点では報告されていません。

 

おそらく、光脱毛のメラニンに反応するという特性から、白髪を脱毛することは出来ない為に、脱毛を続けるうちに白い毛のみが肌に残り、結果として白髪が増えた様に感じてしまったのでは無いか?と予想されます。

 

また、脱毛を進めて行くと、毛を育てる組織を破壊して行く為に、毛がどんどん細く、少なくなっていきます。細くなった毛が光に反射することで白っぽく見えてしまう可能性もあります。

 

光脱毛の刺激により白髪が増えるということはありませんので安心して下さい。

 

白髪は脱毛できない?

ですが、白髪が増えないにしても、元々そこにあった白髪は光脱毛では処理することが出来ません。

 

そうすると折角脱毛をしても、白髪が残ってしまい、スベスベの肌にはなれません。最近では、若い世代でも白髪で悩む人が増えて来ており、白髪の脱毛はどうすれば良いか?といった疑問の声が多く寄せられています。

 

もし脱毛をしたい部分に白髪が生えてしまっていても、光脱毛では脱毛出来ませんが、その他の脱毛方法を取れば白髪部分でも脱毛が可能です。その方法は、ニードル方法、ハイパースキン方法です。

 

・ニードル法で白髪を脱毛?

ニードル法は医師が毛の1本1本を処理してくれる為、メラニンの有無に左右されないので確実に白髪を処理することが出来ます。

 

痛みは強いですが、1度のの施術で完了できますし、ニードル脱毛の場合は光脱毛との併用が可能です。つまり、効率よく気になる白髪部分を脱毛できるのです。

 

・ハイパースキン法で白髪を脱毛?

もう1つはハイパースキン方法ですが、こちらは従来のものとは脱毛の趣旨が異なり、これから生えて来る毛に対して効果があります。

 

なので、今生えている毛に対してはどうすることも出来ない為、効果が出るまでには少し時間が掛かってしまいますが、発毛因子に低温の熱で働きかけて、その組織を機能しない様にする為、火傷等のリスクも少ないです。

 

もし白髪部分を脱毛したいとお考えであれば是非こういった方法を検討して見て下さい。

 

まとめ

トラブルが起こりにくいとされている光脱毛ですが、体調、体質や、施術者の腕、サロンの環境等の様々な理由で肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。

 

一般的には弱いエネルギーを使用する為、それ程重度のトラブルは確認されていませんが、万が一!ということもありますのでメリットばかりに気を取られて安易に脱毛を始めるのは危険です。

 

サロンについて実績、保証制度等をよく検討した上で脱毛を行う様にしましょう!

 

コメントを残す

光脱毛, 脱毛の関連記事
  • 光脱毛後に毛穴に赤みや黒いポツポツ?蕁麻疹や湿疹でだるい!?
  • 光脱毛でルネッサンスの効果や口コミ!最安値は?
  • 光脱毛は脇やタトゥーが痛い?手入れは冷やす?
  • 光脱毛で毛が抜ける仕組み!10数年後に毛が復活?2日連続はダメ?
  • 光脱毛で副作用や後遺症?白髪が増えるしリンパに悪影響?
  • 光脱毛で背中の回数や効果!背中ニキビが綺麗に?ルリッドやピーリング要らず?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事