ヒゲ脱毛はアトピーや敏感肌でも可能?レーザー脱毛が一番おすすめ?

ヒゲを脱毛することは、午後からの青髭に悩まされなくなったり、毎日の手入れから解放され、朝の忙しい時間も有効に使えるなどなど、脱毛して良かったと感じている人が多いようです。

 

しかし、ヒゲは体毛の中でもかなり剛毛で硬く、脱毛するとなると肌に負担もかかりそうです。そんな中、肌が弱い方やアトピー肌の方でもひげ脱毛をできるのかという疑問がわきます。

 

今回は、その可能性について検証していきたいと思います。

 

アトピーでもヒゲ脱毛は可能?

結論から先に申しますと、アトピーの方でもひげ脱毛は可能で、脱毛サロンなどへ行っても施術を拒否られることはありません。

 

ヒゲ脱毛をしたからといって、アトピーが悪化する可能性も低いですし、むしろヒゲ脱毛はアトピーの方におすすめできるのです。ヒゲは毎日伸びますので、剃らずにはいられません。

 

普通家でヒゲを剃る方法は、電気カミソリなど自動であっても、T字かみそりなど手動であっても、剃刀を肌にあてて剃っていくのには変わりがないので、肌にかなり負担をかけている状態です。

 

それに、ヒゲを剃っていく過程で、肌の表面を覆っていて刺激などから肌を守る大事な役目をしている角質も一緒にそぎ落としてしまっていて、決して肌に良い行為とは言えません。

 

脱毛サロンの機械はアトピーを悪化させない!

脱毛サロン等などで行われているひげ脱毛は、機械による照射で毛根にアプローチしていく方法ですから、肌に直接触れることはありません。ですから、アトピーに直接触れて悪化させるようなことはありません。

 

しかし、脱毛によって、少なからず肌に刺激は与えられますので、施術後すぐにしっかりとした冷却、保湿などを行うことが必要で、このようなアフターケアにより事態は深刻化せず肌はゆっくり修復されていきます。

 

アフターケアが重要

普通肌であっても、施術後の肌は刺激を受けて、湿疹などが出やすい状態ですから、アトピーの方の肌ならなおさらでしょう。

 

また、施術後自分でも気をつけるケアとして、脱毛当日の入浴は避けた方が良く、シャワーを選んでください。

 

さらに、直射日光など紫外線に気をつけたり、塩素での刺激を避けるためプールや毛穴を急激に開かせ肌を過酷な状態にさせるサウナなども避けた方が良いです。

 

敏感肌にヒゲ脱毛がおすすめ!?

敏感肌の方もひげ脱毛は可能で、むしろ、ひげ脱毛をすることをお勧めしたいです。日本医学脱毛協会でも、敏感肌の方でもひげ脱毛は問題なくできるという認識があります。

 

ただ、少ないとは思いますが、ステロイド剤などを内服している場合は、施術を受けられない場合もありますので、カウンセリング時にしっかりと伝えてください。

 

毎日のヒゲ剃りのせわしさから解放されるだけでなく、ヒゲ脱毛がうまくいけば、剃刀などで肌を痛めることもなくなり、アトピーや敏感肌の症状が緩和されるきっかけになるかもしれないのです。

 

T字の剃刀などは、ほとんどの方が使用後は水洗いなどを徹底しているかと思いますが、実際には雑菌だらけです。

 

そんな雑菌だらけの剃刀でヒゲを剃ることは、敏感肌をさらに、悪化させてしまうことになりかねません。ヒゲ脱毛がアトピーや敏感肌の方でもできるとわかったところで、どの脱毛方法が適しているのでしょうか?

 

アトピーや敏感肌におすすめの脱毛方法

ヒゲ脱毛は主に三つのやり方に分けられます。

 

①光脱毛とアトピー肌のヒゲ脱毛との相性

光脱毛の場合、ヒゲが太い方や濃い方は、満足が得られる効果を得られにくいかも知れず、何回も通わなくてはいけなくなるかもしれません。

 

また、アトピー肌の場合は肌に何か問題があった場合の対処が、お医者さんではないですから素早く対応してくれるわけではないですし、何かお薬を処方してくれるわけでもないので、少々不安が残ります。

 

②レーザー脱毛とアトピー肌のヒゲ脱毛との相性

二つ目のレーザー脱毛は、医療脱毛とも呼ばれているやり方で、医師免許を持った人が扱える機器を使って行います。

 

通常お医者さんや看護師さんが駐在している脱毛クリニックでのヒゲ脱毛なら、皮膚に対しても豊富に知識がありますし、何かトラブルがあった時もすぐに対処してくれるので、もともと肌にトラブルがあるアトピー肌の方は、特に脱毛クリニックでヒゲ脱毛してもらった方が安心かもしれません。

 

ただ、脱毛クリニックで使われる機器は医療用レーザーで出力パワーも大きく、永久脱毛が可能ですが、それだけ肌に負担がかかりやすく、アトピー肌の方は、お医者さんと相談のうえ、様子を見ながらの施術になります。

 

さらに、医療用レーザーでのヒゲ脱毛は光脱毛に比べ痛みもかなり伴い、痛みの程度としては、輪ゴム10本分ぐらいで肌を弾かれたような痛さです。痛みが耐えがたい方は、別料金がかかりますが、麻酔クリームや笑気麻酔などを使っての施術方法もあります。

 

脱毛クリニックは最後まで必要がない!

また、そんなに完璧なるツルツルを目指さなくても、間引き脱毛などもあり、ヒゲが少なくなれば、今まで毎日行わなければならなかった髭剃りが、二日に一度、三日に一度になり、髭剃りによる肌荒れを十分減らすことができます。

 

脱毛クリニックでの脱毛に興味を持ったら、クリニックについて、事前に調べておいた方が良い点があります。

 

お医者さんに、アトピー肌や敏感肌の方の脱毛を対応したことがあるかどうか、また施術の際の患者の様子なども伺い、経験の具合、信頼度などを総合的に判断し、安心して任せられるところかどうかをしっかりと見極めてみるのが大事になってきますね。

 

③ニードル脱毛とアトピー肌のヒゲ脱毛との相性

三つ目のニードル脱毛は、極細針を毛穴に刺して電流を流しながら一本一本丁寧に処理していく120年以上も前から実践されている方法で、一番高い効果を得られる方法です。

 

費用の請求の仕方も、一分単位で計算する、ユニークな仕方です。一本一本手がけていくので、部分的にひげを残したりと、デザインすることも可能です。しかし、この方法は肌に直接触れるので、アトピーを悪化させてしまう可能性はあると言えるでしょう。

 

まとめ

施術中の痛みの程度は、光脱毛<レーザー脱毛<ニードル脱毛となり、ニードル脱毛に至っては、毛抜きでヒゲを抜くのと同等の痛みがあり、痛みの具合からも、ニードル脱毛はあまりお勧めできません。

 

技術者の手腕により、出来具合にムラが出来てしまう点や、施術時間が長い点も困りものですね。また、脱毛サロンでの脱毛に比べて、費用がかなり高くなりますから、その点も自分の許容範囲かどうか事前に確認する必要がありそうです。

 

ただ、光脱毛やレーザーは黒い色に反応して脱毛していく為、白髪まじりのヒゲでは、抜くことができない為、ニードル脱毛のみが対応可能ということになります。

 

このように、三つの脱毛方法の特徴を見ていくと、アトピーや敏感肌の方には、脱毛クリニックなどで行っているレーザー脱毛が適していると言えますね。

 

コメントを残す

未分類, 脱毛, 髭脱毛の関連記事
  • ヒゲ脱毛はアトピーや敏感肌でも可能?レーザー脱毛が一番おすすめ?
  • シースリーで葛西店の口コミや評判!場所や電話番号は?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
ラヴォーグの静岡の口コミや評判!
ラヴォーグ
今では脱毛が身だしなみ化していることから、どれが良いのか迷ってしまう程沢山の脱毛サロンが次々にオープンされていますが、最近で最も注目すべきサ...
ブライダル脱毛のオススメ!
ブライダル脱毛
ブライダル脱毛という言葉を最近になって、よく聞く言葉になりました。ブライダル脱毛とは、結婚式を挙げる花嫁さんが、綺麗な姿で結婚式をできるよう...
ゴリラクリニックに通う芸能人一覧!
ゴリラクリニック
ゴリラクリニックは医療機関ですから、エステなどと違って、より効果の高い脱毛も可能で、永久脱毛も可能な場所です。 脱毛以外にも、ワキガや薄毛...