脱毛で埋もれ毛は医療レーザーで処理する?

自己処理のトラブルとして多く聞かれるのが皮膚の中で毛が成長してしまう埋もれ毛です。

 

埋もれ毛は自分では改善が困難ですし、何といっても見た目が綺麗では無い上に目立つので、一刻も早く解消したい肌トラブルの1つです。

 

肌に負担のかかる自己処理を続けていると、埋もれ毛が改善されても繰り返し誘発してしまう可能性も。

 

自己処理を続ける限り出来てしまう可能性が高い埋もれ毛!ここでは嫌な埋もれ毛を作らない方法や、出来てしまった場合にはどう対処すれば良いか?を覚えて綺麗な美肌を手に入れましょう。

 

埋もれ毛はどこに出来やすい?

黒く皮膚の中に毛が透けて見える気持ちの悪い状態の埋もれ毛ですが、埋もれ毛が出来たことがある人では、何度も同じ場所に出来るということを経験している人も多いのではないでしょうか?

 

この部位は埋没毛がよく出来るのに、他の部位では出来たことが無いといったことがある様に、埋没毛では出来やすい部位が存在します。

 

埋没毛になりやすい部分では、肌が柔らかく、デリケートな場所や、毛の生えて来る向きが一定ではない箇所、太く、しっかりした毛が生える部分や先のとがった毛でも埋没毛になりやすいです。

 

分かり易く体の箇所で説明すると、脇や足のスネ、ビキニライン等に出来ることが多いと言われています。

 

埋もれ毛ができる原因とは

埋没毛が出来てしまう主な原因は自己処理によるものです。自己処理で特に毛を抜いたり、カミソリで毛を剃った場合に出来てしまうことが多いとされています。

 

自分で毛を抜く場合や、家庭用脱毛器では、全ての毛を綺麗に抜ける訳では無く、稀に途中でプツンと毛が切れてしまい、皮膚の下に毛が残ってしまう場合があり、そういった場合では毛穴が炎症を起こしてしまうことがあります。

 

カミソリで処理した場合には、肌に負担が大きく、正しく使用しないと肌に細かい傷が付いてしまいます。

 

そうすると、同様に肌が炎症を起こし、体の本能が働いて、傷ついた部分を保護しようとして新しい皮膚を作ります。

 

毛が生えるスピードよりも、この皮膚を形成するスピードの方が速い為に、生えて来る毛の出口が塞がれてしまい、結果として埋没毛となり、皮膚の下で毛が成長してしまいます。

 

皮膚がデリケートな部分は埋もれ毛になりやすい!

埋没毛になりやすい箇所である脇やビキニラインでは、皮膚が柔らかくデリケートな為に、自己処理では傷を付けてしまいやすいです。

 

また、脇では毛の生える方向がまばらの為、毛の流れに逆らって剃ったり、人目に触れるかもしれない部分であるということからつい深剃りをしてしまい、皮膚に大きなダメージを与えてしまいがちです。

 

更に脇やビキニラインでは常に衣服による刺激も加わっている為、合わないサイズや合わない素材の衣服を身に付けている場合には刺激が強くなり、擦れから埋没毛の原因になります。

 

掻いてしまうことも埋もれ毛になってしまう!

また、刺激が強くなることからくる痒みによっても無意識に掻いてしまうことで皮膚にダメージを与えてしまう可能性があります。

 

足では処理部分が広い為、一度に多くの毛を処理出来るカミソリや家庭用脱毛器をムダ毛処理に使用する人が多く、こういったムダ毛処理の方法では、皮膚が傷ついてしまう可能性が高いです。

 

この様な外部からのダメージから毛穴が塞がり、埋没毛の原因となってしまいます。

 

埋もれ毛を放置するとどうなる?

埋もれ毛は意外と目立つのが難点!足のスネ等、目立つ部分に出来てしまった場合には早く対処したいのというのが本音でしょう。

 

ですが、埋もれ毛は皮膚の下で成長している為、自分で処理するのは中々難しく、処理する人では毛穴を無理にこじ開けて皮膚の下にある毛を抜くといった荒業を使っている人も見られます。

 

これが一番手っ取り早い方法ではありますが、肌へのダメージはかなりのものに。

 

埋もれ毛を無理に処理してはいけない!

埋没毛は改善出来るかもしれませんが、皮膚を割いて毛を取り出す訳なので、肌のダメージは深刻で、炎症の原因にもなります。

 

炎症が起こった場合には色素沈着を起こしてしまう可能性もあり、更に埋没毛を再発させてしまう可能性もあります。

 

埋もれ毛は放置しても問題ない!

放置することで、埋没毛は改善される場合が多く、毛には休止期、成長期、退行期とありますが、埋没毛が退行期に入り、毛が抜ける期間に達すると、肌のターンオーバーにより、抜けた毛が押し上げられて自然に肌から排出されます。

 

なので、基本的には埋没毛は放置して良いです。ですが、毛穴にばい菌が入っていたり、何らかの原因で炎症を起こして毛嚢炎になってしまう場合もあります。

 

毛嚢炎になってしまった場合や、肌の炎症から来る色素沈着が見られる場合には、皮膚科にかかることをお勧めします。

 

医療レーザーは埋もれ毛に効果的?

医療レーザーでの脱毛は、高い効果を得やすい為、レーザー脱毛を受けることで、ムダ毛処理の回数を減らし、ツルツルの状態にすることも可能で、そうしてしまえば自己処理をしなくても良くなります。

 

埋没毛は自己処理による肌へのダメージが原因で起こるので、レーザー脱毛は埋没毛を作らない為に有効です。

 

また、出来てしまった埋没毛をどうにかしたい!という場合にもレーザー脱毛はお勧めです。

 

レーザー脱毛で照射する熱エネルギーは、皮膚下までしっかり届いて、毛を生やす根本となる部分を破壊します。

 

なので、埋没毛であってもしっかりと皮膚下まで強いエネルギーが届くので、効果は通常の毛と変わらず期待出来ます。

 

レーザー脱毛は肌のターンオーバーを促進!

毛根を破壊した後は毛は成長出来ないので通常は10日程経てば抜け始めますが、埋没毛でも抜けた毛が肌のターンオーバーに合わせて押し出されるので抜けて皮膚から排出されます。

 

レーザー脱毛では、光の刺激によって肌のターンオーバーが促進されると言われており、これによっても毛を通常より素早く取り除くことが出来るのではないか?と言われています。

 

埋もれ毛が除毛されない場合も?

埋もれ毛をレーザー脱毛で処理した場合では、処理を行ったのに埋もれ毛が改善されていない!なんて不安になる人もおられますが、レーザー脱毛で処理した後に毛が抜け始めるのは10日以上経ってからが一般的です。

 

なので、レーザー脱毛を行ったからといって即効性がある訳ではなく、しばらくは埋没毛が肌にある状態が続くことを知っておきましょう。

 

埋没毛が抜けた後では、レーザー脱毛ではしっかりと毛根部分を破壊出来るので多くの人はその毛穴から再び毛が生えて来ることは無くなります。

 

よって埋没毛が再発してしまう可能性も減らせますし、自己処理の回数もグンと減るはずなので、埋没毛が出来る可能性が減り、何よりも脱毛を行うことで綺麗な肌が手に入ります。

 

脱毛後の埋もれ毛を処理するには?

脱毛後でもしばらくの間は、皮膚に埋没毛がある状態が続きますが、この埋没毛をしっかり皮膚から追い出す為にも、脱毛後ではしっかりと保湿を行い、皮膚を柔かくして毛が出て来やすい状態にしておくことが大切です。

 

一般的に埋没毛が出来てしまった場合に自分で出来るケアでは、毛穴を塞いでいる皮膚を取り除く為に、古い角質を落とす作用のあるスクラブやピーリングを使って角質の除去を行ってから保湿を行います。

 

ですが、脱毛後では肌がデリケートな状態になっているので、新たな肌トラブルを生み出す原因となり得るので、これらのケアを行うのであれば肌が落ち着いてから行う様にしましょう。

 

また、ターンオーバーが乱れる様な偏食や睡眠不足、ストレス、運動不足等の悪い生活習慣に気を付けて、肌のターンオーバーをバックアップする様にしましょう。

 

埋もれ毛を予防する方法

埋もれ毛の原因は間違った自己処理によるものが大半なので、自己処理を行うのであれば、処理の仕方を改めることで埋没毛になる可能性を低くすることが出来ます。

 

具体的には、毛抜きを使用する場合には無理に、強い力で引っ張らないこと、カミソリを使用する場合には深剃りにならない様に気を付けることが大切です。

 

毛の流れに逆らわずに、優しく剃ること、勿論カミソリを使用する場合には滑りを良くする為、肌を保護する為の専用のクリームやローションを塗ってから処理することが大切です。

 

カミソリでは、刃が複数枚付いているタイプの方が肌にダメージを与えにくく、電気シェーバーに変えるとより肌に優しくムダ毛を処理することが出来ます。

 

処理後のケアはとても大切

処理後に何も行わなければ、肌に付いた傷が炎症を起こしてしまう可能性もありますし、皮膚の乾燥では肌のターンオーバーが正常に働かなくなるので、角質を溜め込みやすくなり、埋没毛を誘発しやすくなります。

 

よって、埋没毛を予防する為には、処理後にはしっかりと肌の保湿を行うことが重要です。埋没毛を根本から解決したい場合には、思い切って脱毛を始めるのもお勧めです。

 

料金は嵩むものの、自己処理による埋没毛を防げますし、何といっても、自己処理を行うよりも綺麗な肌が手に入るので、自己処理によるストレスからも解放されます。

 

嫌な埋没毛ですが、適切なケアを行うことで、改善、予防が出来ます。埋没毛が出来たっからといって焦らず、悪化させない為にも上記のことに気を付けましょう。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事