脱毛サロンで子供のおすすめ!

ムダ毛の悩みは大人特有のものだと思っている人がいるかもしれませんが、幼い子供でもムダ毛に対してコンプレックスを抱いていることもあります。

 

ある程度の年頃になると、カミソリ等で自己処理を行う子も出て来ますが、自己処理は肌トラブルの原因となりますし、何よりも根本的な解決にはなりません。

 

出来るなら毛のことで今後悩まなくても良い状態にしてあげたいのが親心かと思いますが、果たして脱毛はどうなのか?

 

最近では子供でも脱毛可能なサロンが増えていることもあり、興味を抱いている人も多いのではないでしょうか?

 

子供は安心して脱毛サロンを受けられる?

最近では脱毛の技術が向上していることや、料金も手軽に通えるサロンが増えたことから、脱毛を始める人の数が上昇傾向になっていますが、脱毛が普及して来るに伴い、近年は子供でも脱毛が可能なサロンが次々と出て来ていることをご存知でしょうか?

 

脱毛がマナーや身だしなみと言われる様になった今、大人のムダ毛に対する意識も以前より上がって来ており、子供に対しても、毛深いから何とかしてあげなければ!と感じる親も増えて来ている様です。

 

また最近では、子供の成長も早くなり、小学生以下でもファッション、メイク等のオシャレに目覚める子も。そういった子達では勿論美意識が高い傾向にある為、体に生えるムダ毛に対しても敏感になりがちです。

 

ムダ毛でいじめにあうことも!?

ムダ毛が濃いことで悩み、時にはいじめの対象になってしまう子もいる様です。親としてはそういった事態は絶対に避けたいもの!

 

しかし、カミソリや除毛クリームは子供の弱い肌に使用するのは何だか抵抗があると言う人も多いのではないでしょうか?そんな時にパッと頭に浮かぶのが、脱毛かと思います。

 

子供向けの脱毛プランが増えている!

最近では脱毛サロンでも、子供向けの脱毛プランを提案しているところが見られます。子供向けということで、安全性も申し分なく、勿論痛みも無く副作用の心配も少ないものとなっています。

 

子供では施術自体に恐怖を感じてしまいそうですが、口コミの中には施術中に気持ちが良くて眠ってしまったなんて声も聞かれます。

 

子供向けの脱毛サロンは安全性が高い!

脱毛の技術は昔と比べると格段に上がっており、安全に、子供でも悪影響を与えることなく脱毛が可能な時代になって来ています。

 

子供のムダ毛でお悩みで、子供の今後のことを考えるなら検討して見る価値あり!子供の脱毛技術に長けているサロンをご紹介します。

 

子供向け脱毛サロン第1位!「ディオーネ」

子供脱毛の中でもテレビ出演等でひと際注目を浴びているのがディオーネのハイパースキン脱毛です。

 

これは3歳から始められる脱毛法として話題で、従来の脱毛器の様に高温で毛の細胞を攻撃するものではなく、毛の生える前段階の種の時期に作用する特別な弱い光を照射することで、発毛自体に抑制をかけるものです。

 

皮膚に与える温度も38度程の体温とほぼ変わらない低温で、エステのフォトフェイシャルの光も入っている為、脱毛効果が得られるにも関わらず肌に優しい方法となっており、痛みは全くありません。

 

アトピー肌や肌が敏感な人でも受けられる程安全性の高い脱毛法ということで、子供の肌にも安心して使用出来るものになっています。

 

 

エピレ

エピレでも子供脱毛では早い段階の7歳から脱毛を行うことが可能です。施術法は大人が受けるものと同じ光脱毛には変わりないのですが、実績があり、技術力の高いサロンであります。

 

肌に優しく、刺激の少ないオリジナルの機械を使用する為、大人の肌と比べてデリケートな子供の肌でも安心して施術が受けられるものとなっています。

 

光が毛に直接作用して脱毛効果を得る為、少しの痛みは伴いますが、痛みが気になる場合には出力を弱める等の対策をしっかりと取って貰えます。

 

 

エステティックTBC

エピレと同系列のエステサロンの為、施術はエピレで行うものと同じです。こちらは総合エステサロンなので、お近くにある方へ通って頂ければ良いかと思います。

 

ですが、TBCは総合エステサロンの為、脱毛を専門に扱うエピレと比べると、場合によっては予約が取りにくくなってしまうことも予想されます。

 

 

脱毛ラボ

脱毛ラボでは学割キャンペーンも開催されていることから推測出来る様に、10代でも気軽に脱毛を始められる様なシステムを取り入れています。

 

基本は15歳以上になりますが、未成年でも親の捺印があったり、親権者の付き添いがある場合には施術が認められる場合もある様です。脱毛法はS.S.C.脱毛と呼ばれる痛みを少なくした光脱毛を取り入れています。

 

光を照射することには変わり無いのですが、毛に熱が作用するというものではなく、光は体に塗布したジェルに反応して、配合されている毛の発毛を抑える成分を皮膚下に届ける為のものです。

 

なので痛みの心配はほとんど必要なく、施術部がほんわか温かく感じるくらいで通常の光脱毛に比べて格段に痛みが少なくて済む脱毛になっています。

 

 

ミュゼ・プラチナム

低価格で脱毛を始められることで人気の高いサロンの為、金銭的な負担を減らしたい若い女性に人気があります。学生でも支払いやすい料金設定になっており、施術は16歳から可能なので、学生で通う人が多いサロンです。

 

ミュゼではS.S.C.脱毛を採用しているので脱毛に対して痛みが少なくて済み、ミュゼで取り扱うジェルにはオリジナルの肌に対してトリートメント効果がある成分もギュッと詰まっています。ですので、脱毛と一緒に肌ケアも出来る一石二鳥のお得な脱毛です。

 

 

ジェイエステティック

お店独自の脱毛器を使用しており、脱毛と同時にヒアルロン酸が入ったトリートメントでお肌のケアが出来ることと、施術中にクールダウンも同時に行える様にヘッド部分がが冷却ヘッドになっています。

 

ですので、脱毛でかかる肌の負担を最小限に留めることが出来ます。12歳以上で施術が可能で、スライドショットで脱毛にかかる時間が短くて済むところもポイントです。母娘で契約した場合にはお安くなるプラン等もある様です。

 

 

子供の脱毛は何歳から?

今どきの子では、早いうちからムダ毛に対してコンプレックスを抱く子が多く、早い子では幼稚園年長さん程で周りと比べて自分の毛が多いことに悩む子も出て来るそうです。

 

ムダ毛に対して自己処理を始める歳も早まってきており、小学生高学年にあがる頃にはほとんどの子がムダ毛処理をしているなんて声も聞かれます。

 

親からすると、まだまだ成長途中でデリケートな肌に対して刺激の強いムダ毛処理を行うのは考え物。かと言って放っておくことも出来ずに悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

 

そういった人に対して脱毛は有効でお勧めです。

 

脱毛サロンによって始められる年齢差がある!

上記で紹介したサロンの様に、脱毛技術が進化しており、肌に負担が少なく、安全に行える脱毛法がどんどん出て来ているので、子供でも悪影響を懸念することなく脱毛を始められます。

 

ただし、サロンによって脱毛が始められる年齢にはかなり差があるので、サロンに出向く前には必ず年齢制限の確認をする必要があることと、年齢制限に引っ掛からなくとも、皮膚の状態によっては施術が受けられない場合もあるおとを理解しておきましょう。

 

一番早く受けられる脱毛サロンはディオーネ!

現在子供で脱毛が行えるサロンで、最も早い時期から脱毛が可能なのは、ディオーネの3歳から始められるハイパースキン脱毛です。

 

次に7歳から開始出来るエピレやTBC、他のサロンでは15歳以上や、生理が始まっていて数回以上生理が来た後なんていう条件を出しているところもあります。

 

早い時期から脱毛が始められるものでは、効果面ではゆっくりのものが多いですが、肌に負担なく、安全性の高い脱毛が受けられるので、子供の肌への刺激を考慮するのであれば、早くから始められるものを選ぶと良いかもしれません。

 

 

子供が脱毛をする際の注意点

子供が脱毛をする場合には、大人とは皮膚の状態も違うので、脱毛を行うにおいて幾つか気を付けておかなければいけないことがあります。

 

・日焼け

これは大人が脱毛を行う場合も同じですが、脱毛では日焼けは厳禁です。ハイパースキン脱毛やS.S.C.脱毛の様に、毛のメラニンを光のターゲットとしない脱毛法では少々の日焼けは照射範囲内になります。

 

ですが、エピレやTBC等が行っている子供向けの脱毛法は、大人の脱毛と同じ様に、毛のメラニンに対して直接作用して熱を加えるものです。

 

様々な肌トラブルを引き起こしてしまう

メラニンは黒色をしており、日焼けによってもメラニン量が増えます。しかも肌全体にメラニンが増える為、光の照射範囲が広まって効果が薄まることもあります。

 

さらに、日焼けによってメラニン量が増える為に、毛を攻撃するのに足りるレベル以上のエネルギーが皮膚に照射されてしまい、火傷をおってしまう可能性が高まります。

 

日焼けではただでさえ肌が軽い炎症を起こしている状態で、乾燥もしている肌が不安定な状態です。その状態に更に脱毛を行うことで、様々な肌トラブルを引き起こし兼ねません。

 

こういった理由から、日焼けをしていて、それが酷い場合には、施術を断られてしまうこともあります。

 

特に子供は外出する機会が多い!

大人ではこまめに日焼け止めクリームを塗ったり、屋内にいるということが出来ます。

 

ですが、子供では体育等の授業や遊びで外に出る時間が長くなりがちですし、代謝が良く汗もかきやすいですし、数時間置きに日焼け止めクリームを塗り直すことも困難な場合があります。

 

日焼けを防止するのには限界がある場合もある為、日焼けに対して対処が難しい場合には脱毛を始める時期にも注意する必要があります。

 

紫外線量が多い夏場は避け、長袖を着て日焼けのリスクが少なく、紫外線量も減って来る秋、冬頃に始めるのがお勧めです。

 

・効果が出にくいことも

メラニンをターゲットとする脱毛法では、毛周期に合わせて施術を行います。というのも、毛の中にも3種類があり、成長期として生えている毛にしか脱毛効果が認められない為です。

 

この毛周期を如何に見極めて脱毛を進められるか?が脱毛で最大限の効果を得られるか?のポイントとなりますが、子供では成長期ということで、まだ毛周期が定まっていないことがあります。

 

毛周期に合った施術が進めにくいということで、脱毛効果が弱まり、効果が現れにくいことも予想されます。

 

・毛が生えて来ることもある

子供ではまだホルモンバランスが安定していない場合があり、そういった場合にはホルモンの乱れにより脱毛効果が感じにくい場合や、逆に毛が増えてしまう場合、一旦は綺麗に脱毛が完了しても再び生えて来てしまう可能性があります。

 

よって、ホルモンバランスが整う、生理が始まってから一定期間おいた後が脱毛時期としては最適だと言われています。

 

子供でも脱毛を行うことが出来、自己処理よりも綺麗に、肌に負担が少なく施術を受けることが出来ますが、脱毛を始める際には、上記の様な項目に十分注意してから開始する様にしましょう。

 

コメントを残す

関連キーワード
脱毛の関連記事
  • アリシアクリニックは眉毛脱毛が不満?眉下や眉上、眉間は必見!
  • ハイジ男子の芸能人や意味!温泉や下着は?きもいの?
  • 光脱毛後に毛穴に赤みや黒いポツポツ?蕁麻疹や湿疹でだるい!?
  • 光脱毛でルネッサンスの効果や口コミ!最安値は?
  • 光脱毛は脇やタトゥーが痛い?手入れは冷やす?
  • 光脱毛で毛が抜ける仕組み!10数年後に毛が復活?2日連続はダメ?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事