脱毛とピルの併用は禁止?薬を服用するとできないの?

最近では男女問わず、脱毛に通う時代となりましたが、サロンやクリニックで行う脱毛では、実は一部の薬の服用が禁止されていることはご存知でしょうか?

 

脱毛は一般的には肌に光を照射するだけなので、薬を服用しても何の問題も無い様な気もしてしまいますが、実は薬によっては脱毛のリスクをグンと引き上げ、思わぬトラブルを招く可能性のあるものも存在します。

 

脱毛では効果や痛み、料金といった項目に注目がいき、こういった薬の服用の危険性についてはあまり知られていないのが現状です。

 

これから脱毛を行うのであれば絶対に知って置くべき!脱毛と薬の服用について紹介していきます。

 

そもそもピルを服用する理由とは

ピルと言うと、以前までは副作用が怖いや日本ではそれ程普及していない為に、飲むのに抵抗があるといった人が多く見られました。

 

ですが、最近ではピルのメリットが前面に出てきており、そのメリットの多さから、若い世代を中心としてピルを服用する人が増えています。

 

ピルを服用する理由として、代表的なものが「避妊」です。ピルを正しく服用することで、ほぼ100%妊娠を防ぐことが出来ることが分かっています。

 

ピルというと避妊といったイメージが大きいかと思いますが、実はそれ以外にも嬉しいメリットが沢山あります。

 

・生理不順を改善

ピルには女性ホルモンと同様の成分が含まれており、女性ホルモンのバランスを妊娠中の様に一定に保ちます。

 

ピルの休薬期間に入るまでは生理が来ない様にしてくれるので、規則正しく生理周期を整えることが出来ます。

 

・生理痛の軽減や月経量の減少

ピルの作用で、子宮内膜を薄くしてくれますが、生理通はこの子宮内膜が剥がれ落ちて、それを外に排出しようとホルモンが働く為に起きます。

 

よって、子宮内膜が薄いことで子宮内膜を外に排出する為に出される痛みの原因であるホルモンの過剰な分泌が抑えられるので生理痛が軽減します。

 

また、子宮内膜が薄いので、排出される量も少なくなり、勿論月経の量も減少します。

 

・PMSの症状の緩和

生理前のPMSは、ホルモンバランスが崩れてしまうことにより起こりますが、ピルはホルモンを一定に保つ役割を果たすので、PMSの症状を和らげてくれます。

 

・女性特有の病気の予防

ピルを飲み続けることで性卵巣腫瘍、卵巣がん、子宮体がんといった女性特有の病気を予防してくれる作用があることも分かっています。

 

・ニキビ、多毛症の改善

ニキビや多毛症の原因の1つとして、ホルモンバランスが崩れてしまうことが挙げられます。

 

ピルではホルモンバランスの乱れを調整するので、ニキビや多毛症の改善に効果的です。

 

・骨粗鬆症を予防

骨密度を増幅させて骨密度の低下を予防するエストロゲンがピルに含まれています。

 

よって骨密度が減少して起こる骨粗鬆症の予防にも役立ちます。

 

・美肌効果

ピルに含まれるエストロゲンは女性ホルモンなので、女性らしい体を作ってくれる作用があります。

 

その中には、肌をふっくらさせてハリやツヤをプラスしてくれるといった様な美肌に導いてくれる作用もあります。

 

・子宮外妊娠の発症率を下げてくれる

子宮外妊娠は、その名の通り、何らかの原因で子宮以外の場所に着床してしまった状態を指し、妊娠を継続出来ず、最悪の場合には卵管破裂等の、母体にも危険を与え、その後の妊娠にも影響を与えてしまう可能性があります。

 

ピルを飲み続けることで、子宮外妊娠の発症頻度を低下させる効果があります。

 

・妊娠しやすい体づくりが出来る

例えば20代からピルを服用していた場合で30代後半になってから服用を中止した場合でも、妊娠がしにくくなると言われている30代後半でもピルによってこれまでホルモンバランスが整えられている為に、妊娠しやすい体質が出来上がっていると言われています。

 

この様に、ピルでは女性に嬉しいメリットが多くあり、様々な効果を期待出来るのでピルを服用する女性が増えています。

 

脱毛にピルの併用はおすすめ?

上記の様に、ピルには多くのメリットがあり、生理による不快感を軽減してくれるだけでなく、女性として嬉しい美肌効果、病気の予防まで出来るので、日本でもピルを服用する人の数は増えています。

 

そしてまた、脱毛も今では常識化しており、リーズナブルな価格で行える様になって来ていることから、若い世代から脱毛を始める人も増えています。

 

勿論、脱毛したい人の中にはピルユーザーも多く見られます。ですが、ピルを服用しながらの脱毛は、実はあまりお勧め出来ません。

 

ピルを服用しつつ脱毛する危険性とは

サロンやクリニックによっては、ピルを服用していることで色素沈着のリスクが挙がる為に、施術を断られてしまう場合があるからです。

 

また、サロンやクリニックで行う脱毛法でも可能性は少ないものの、リスクとして色素沈着が起こってしまう可能性もあります。

 

よってピルを飲んでいない人に比べると、相乗して僅かに色素沈着が起こる可能性が挙がる為や一部にサロンではピル服用中には施術を受けることが出来なくなっています。

 

ピルの副作用で脱毛が行けなくなることも!

また、ピルを飲み始めて間もない場合では、副作用で気分が悪くなったり体調不良を訴える人もいます。

 

そういった場合には施術が困難になりますし、脱毛のせいで気分が悪くなったのか?ピルのせいか?といった判断も難しくなります。

 

こういったことから、ピルを服用中でも施術可能なサロンやクリニックであるかどうか?は最初に確認しておく必要があります。

 

レーザー脱毛にピルを併用するリスク

ではクリニックで行うレーザー脱毛ではピルを服用中でも施術を受けられるのか?と言うと、クリニックではピル服用中でも脱毛をして貰えるところが多いです。

 

勿論、施術を行う場合には色素沈着の可能性が少ないながらにあることを了承の上で施術を受ける形になります。

 

クリニックではサロンと違い、医療行為になり、美容についても施術を行っているところがほとんどなので、施術後のサポートもしっかりと受けられるところが多います。

 

万が一色素沈着が起きても安心して受けられる!

もし脱毛をして色素沈着が起こってしまった場合でも、色素沈着を薄くする為の外用薬を処方してくれたり、色素沈着を改善する為の治療を行って貰えます。

 

なので万が一色素沈着が起こってしまった場合にも早期にケアが可能なので安心して施術を受けることが出来ます。

 

ただ、上記で説明した通り、ピルを服用し始めてからまだ日が浅い場合には、体調不良等で心配な点があります。

 

脱毛を始めるのであれば、ピルが体に慣れて来るおよそ3か月後を目処に脱毛を始められることをお勧めします。

 

脱毛時に服用してはいけない薬とは

脱毛時には、トラブルを招く可能性があるとして、施術前後で服用が禁止されている薬もあります。

 

中でも、特定の薬を飲むことで光に対して過敏に体が反応してしまう「光線過敏症」が危険であるとされています。

 

光線過敏症はレーザー脱毛等の光を浴びることで皮膚が赤く腫れ挙がったり、ブツブツが出来たりと、普段は何の異常もないのに光を浴びることで症状が誘発される症状を言います。

 

よって市販の薬、処方された薬に関わらず、薬を服用している場合には施術前には必ず医師による許可や相談が必須となります。

 

施術までの何日か空けると問題ない?

服用している薬によって、施術までには何時間空けなければならない、何日経ってからであれば施術を受けても問題無いといったことがあります。

 

それは薬によって様々なので、薬を服用していて脱毛を行う場合には、医師とサロンやクリニック側にきちんとした確認が必要です。

 

また、用する薬のみでなく、皮膚疾患などでステロイドを使用していたり、予防接種を受けた後などでも火傷や色素沈着といったトラブルの元となる場合がある為、医師や施術を受けるサロン、クリニックに相談の上脱毛を受ける様にしましょう。

 

風薬や花粉症、頭痛薬の薬はダメ?

最近では市販でも豊富な種類の薬が販売されている為、気軽に手に入りやすいので薬を常用している人も多いかと思いますが、具体的にはどの様な薬を服用した場合に光線過敏症の様なトラブルが起こりやすいのでしょうか?

 

施術前後で服用してはいけない薬とされている一部を紹介すると、抗ヒスタミン剤、抗生剤や抗不安剤、三環系の抗うつ剤や経口抗真菌薬といったものが挙げられます。

 

よって風邪薬や花粉症の薬、頭痛薬でも施術前に服用した場合には施術を受けられなくなる場合もあります。

 

どの薬が大丈夫で、どれが危険か?というのは素人判断が出来ないので、薬を服用している場合では必ず医師に相談してから施術に挑みましょう。

 

施術のための痛み止めも?

痛みに弱い人では、施術前に痛み止めを飲んでおきたいという人もおられるかと思います。

 

脱毛は多少の痛みが伴うものなので、痛みに弱い人では怖いものかもしれませんが、痛み止めを服用することで施術後により痛みに苦しんだり、綺麗になるはずだった脱毛箇所が火傷や色素沈着等で施術前より酷い状態になってしまうことも考えられます。

 

よって自己判断での痛み止めの服用は絶対に止めましょう。最近ではサロン、クリニックで行う脱毛は痛みが少ないものが主流となってきており、使用する機械によっては痛みをほとんど感じずに脱毛を進められる様になっています。

 

痛み止めは何らかの肌トラブルや健康被害を引き起こす可能性がありますし、施術は1回では終わらず、複数回繰り返し行う必要がある為、脱毛がしたい人で痛みが気になる人では痛み止めを使用するのではなく、そういった痛みに対して特価したサロン、クリニックに通うことを強くお勧めします。

 

薬を服用してしまった場合は?

薬を飲んではいけないことを知らなかった場合や、何度か施術を終えて慣れが出て来ている場合等ではついうっかりして薬を服用してしまうこともあるかもしれません。

 

そういった場合には、隠さずにサロン、クリニック側へ連絡を入れましょう。何も伝えずに施術を行うと、何らかのトラブルの元となる可能性があります。

 

上記で紹介した様な施術前に服用が禁止されている薬では勿論キャンセルといった形になるのが一般的で、他の日に変更という形を取られることが多いです。

 

体調不良時は予約変更かキャンセルをしよう!

また、薬を必要とする程体調が悪い場合には、その薬が服用していても大丈夫なものであったとしても、施術中に気分が悪くなってしまう可能性が高いです。

 

そういった場合では肌のコンディションが良くない場合も多く、肌トラブルが起こりやすい状態になってしまっている可能性も考えられます。

 

無理をしても綺麗な仕上がりにならないことも十分考えられますので、薬を飲まなければならない程体調が悪い場合でも予約変更、キャンセルが望ましいです。

 

脱毛時の薬のまとめ

万が一薬を服用していて施術を受けてしまった場合には、施術部分や自分の体で異常は無いか?をしっかりと観察しておくことが大切です。

 

そしてもし異常が見られた場合にはは、光過敏症では重篤なものでは入院での治療が必要になる場合もあるのですぐに病院へ行き医師に診て貰う必要があります。

 

意外と知られていない脱毛と薬の関係ですが、薬を服用することで思わぬトラブルに陥ってしまう可能性がある為、薬を服用しての脱毛はお勧めできません。

 

病気等の関係で薬の服用が辞められない場合には必ずそのことをサロンやクリニック側に申し入れ、どうしても脱毛が行いたい場合には必ず医師に相談してから行う様にすることが大切です。

 

コメントを残す

関連キーワード
脱毛の関連記事
  • アリシアクリニックは眉毛脱毛が不満?眉下や眉上、眉間は必見!
  • ハイジ男子の芸能人や意味!温泉や下着は?きもいの?
  • 光脱毛後に毛穴に赤みや黒いポツポツ?蕁麻疹や湿疹でだるい!?
  • 光脱毛でルネッサンスの効果や口コミ!最安値は?
  • 光脱毛は脇やタトゥーが痛い?手入れは冷やす?
  • 光脱毛で毛が抜ける仕組み!10数年後に毛が復活?2日連続はダメ?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事