脱毛器でケノンとラヴィを比較!

脱毛したいけどクリニックや脱毛サロンに通う時間がない!お店をみつけたけど予約が一杯で自分のスケジュールに合わせられないなど嘆いている人はいませんか?

 

しかし自分で脱毛するとなるとただ剃ったり抜いたりするだけでは黒ずみなど肌へのダメージが残るばかりか、脱毛も不完全な状態になりかねません。

 

ここではケノンとラヴィという自宅で簡単に脱毛が可能な脱毛器を紹介します。

 

脱毛器でケノンとラヴィの価格を比較

ケノンは楽天市場やamazonなどでも発売しているようですがここではケノンの公式HPに記載してある価格を記載します。価格は税込みで69990円のようです。

 

ラヴィも同様に家電量販店(ケノンは主にネット販売中心のようです)やネットなどで販売されていますがここでは公式HPで販売している価格を記載します。

 

一番高いオールインワンセットは48800円(基本セットプラス美顔カートリッジプラススリムカートリッジ1個)になります。ケノンとラヴィだいたい2万円ほどの価格差があるようです。

 

脱毛器でケノンとラヴィの保証を比較

ケノンの場合ですと一年間は無償での修理ができ、交換サポートもあります。ただし返金保証はありません。

 

一方ラヴィの方は30日間の返金保証があります。もしその期間の間にラヴィを実際使ってみて効果が現れないようなら返品できます。お金が返してもらえるようです。

 

脱毛器でケノンとラヴィの性能や機能を比較

ケノンの性能や機能

・IPL脱毛を使用

ケノンはIPL脱毛という光脱毛を採用しています。これは特別な光を照射して行う脱毛方法です。この方式はメラニン色素に光を当てることによりメラニン色素を破壊し、少しずつムダ毛を少なくしていくという方法です。

 

IPL脱毛はインテンスパルスライトなるライトを使っている脱毛手段の事を言います。光というと一般的に紫外線や赤外線など耳にするでしょう。

 

この二つの光の差異の原因は波長が違うために別々の光になっているのです。IPLの場合は複数ある光の波長を混ぜた光のことを指します。

 

・IPLは敏感肌におすすめ

肌にこのIPLを照射することにより、毛根のブラック部分であるメラニン色素を攻撃し、この攻撃を定期的に繰り返す事によって毛根は弱体化していきます。そのうち最後には照射した部分のムダ毛がまったく生えない状況になるというわけです。

 

IPL脱毛は医療機関などが行うレーザー治療とは違い電球の玉で広域を柔らかく照らすといった感じで、焼けどなどの気にすることがないのです。

 

人によっては敏感肌でクリニック等のレーザー治療が合わない方も、ケノンを使えばお肌を傷めず脱毛が可能となるようです。

 

・ケノンは10段階調整が可能!

ケノンの光脱毛は照射の出力が10段階調整できます。使う肌の箇所や肌の健康状態に合わせて調整することが可能となっています。

 

他の脱毛器にも調整機能は付加されているようですがケノンのように10段階の調整ができるのはなかなかありません。

 

お肌が敏感肌、もしくは調子の悪い方は照射出力を下げて光を当て、健康なお肌を持ち、効果を早く出したいと考えている人は照射出力を上げてといった工夫が可能です。

 

・定期的に続けられる機能がある

また脱毛で一番大事な事は定期的に続ける事です。ケノンには脱毛を続けられる要素がたくさんあります。

 

1つ目の理由は“照射回数の多さ”になります。

カートリッジ1個で約20万回の照射が可能です。(照射レベルが上がるにつれて回数はこれより下がります)

 

本体の価格は他の脱毛器より若干高いかも知れませんが、1度の照射費用を安くすませる事ができます。

 

2つ目の理由は“光の当たる面積が広い”というものです。

ケノンの照射する面積は横幅が3.5cm、縦幅が2.5cmという広さでこれは一般的な脱毛器中では比較すると広い部類になります。

 

照射面積が狭いと光が当たってない部分が出てきていわゆる照射漏れなのですが、同じ部位に照射したとしても脱毛漏れしている箇所が出てきて、まだらな脱毛になる危険があります。ケノンの広範囲な光脱毛を使えばそのような事態にならずにすむというわけです。

 

3つ目の理由は“軽い”ことです。

ケノンは手にもって脱毛したい箇所に当てるのですが、その重さは120g程度です。現代のスマートフォンが100gちょっとなのでそう重たくありません。

 

軽いという要素は実はとても大事です。脚の裏側など照射が難しい箇所などにも何度も脱毛を試みないといけないわけで、ちょっとでも軽い機械の方が便利にきまっています。

 

また、ケノンはコンセントを利用するのでバッテリーを気にして使う必要がありません。

 

・体のいたるところの部位に対応している

購入したはいいが使えない部位があったとなるとがっくりくるものです。ケノンでは他の脱毛では脱毛できない部位も脱毛することができます。その主な場所はだいたい顔やアンダーヘアといった俗にいうVIOラインでしょう。

 

ケノンではほとんどの部位が脱毛可能です。肌の薄い箇所などは出力を落とすなどの工夫が必要になります。

 

顔に対処している脱毛器は非常に少なく、できても限られた部分だけなどの条件があります。ケノンでは目の周囲も脱毛が可能です。

 

付属品の、専門の器具を使えば眉の脱毛も可能です。やっかいな鼻の下の脱毛も可能になります。これは男性も使えるのでとても便利です。

 

・自宅でこっそりVIO脱毛が可能!

そして女性ならとても気になるVIOラインの脱毛もケノンを使えば可能です。デリケートゾーンの、毛の処理はプライベートでひっそりとやりたい人が多いでしょう。

 

お店の人にも恥ずかしくて見せたくなく、個人で処理したくて脱毛器の購入に踏み切った人がいるはずです。

 

デリケートゾーンの処理は水着等を着る時に必須です。処理することによって蒸れ、臭いなどの抑制にもつながります。

 

・ケノンは美顔器としても使用可能!

ケノンはスキンケア用のカートリッジがあります。これを使えば美顔器としても利用することができます。

 

ケノンにはスキンケア用のカートリッジもあり、これを使用すれば、美顔器としても利用できるのです。脱毛が終わったあとも使い道があるのは良いポイントです。

 

ラヴィの性能や機能

ラヴィの照射範囲は2cm×3cmと他の脱毛器の中でも広いほうです。照射の出力は7段階まで変えることができます。IPL光を使っています。

 

ラヴィという脱毛器は肌へのダメージを最低限に抑えて脱毛する事が目的の脱毛器です。光の照射を最低限にとどめて、肌への負担を軽めにして脱毛できます。

 

ラヴィにはスリムカートリッジというものがあり、手先、指などの毛といった照射範囲が広いと逆に脱毛が難しい部位に照射面積を合わせられる特価したカートリッジです。

 

また“クアドラプルショット”という照射の4連射、つまり1回の照射だと光が強すぎて痛みが強すぎるということを避けるために、4回にわけて肌への負担も分散させる方式があります。

 

そして専用のカートリッジに付け替えだけで、そのフォトフェイシャルが使えます。フォトフェイシャルというのはサロン等で行われる光美顔の事を指します。

 

光美顔で脱毛器以外でも美顔器として使えるのは無駄がなくていいです。

 

脱毛器でケノンとラヴィの使いやすさを比較

どちらも電源はコンセントを使用し、ハンドピースを持ってケアします。重さですがケノンはおおおよそ120g、ラヴィは180ほどのようです。

 

ラヴィに比べてケノンの方が、ハンドピース部分が軽く大きさもコンパクトに作ってあるので使いやすいかもしれません。

 

ケノンは1度照射したあと再び照射するまでのいわゆるチャージ時間が5秒です。ラヴィは公式には発表されていませんが、6秒~8秒ほどのようです。

 

チャージ時間をあまり気にしないという人ならラヴィでも十分使いやすい脱毛器と言えます。

 

ケノンはどんな人におすすめ?

脇などの部位だけじゃなく、口周りや膝から下、デリケートゾーンなどの脱毛したい人、特に3か所以上の脱毛を考えている人はサロンに通うよりケノンがお勧めです。

 

脱毛をする選択肢はクリニックやサロンなどあるでしょうが、人気のクリニック、サロン等になると予約を取るのが大変です。一ヶ月も店舗に待たされるようなら断然ケノンで自己処理した方が効率的です。

 

VIOラインといった人に見られるのが恥ずかしい部位は自分でなるべくなら処理したいものです。そういった時もケノンで、自分で処理できるのは良いです。

 

傷みの大小はありますが、脱毛する時に傷みが気になっている方は痛みのせいで定期的な脱毛が行われないといつまでたっても脱毛が終わりません。

 

ケノンは照射を自分の好きな出力に調整できます。それもごくわずかな照射からです。これなら自分の肌が痛まない、痛くない程度に自分のリズムで定期的な脱毛が可能です。

 

美顔器としてもケノンは使えます。脱毛だけじゃなく主に美顔器として利用したい方にもケノンは有効利用できます。

 

ケノンは複数人使用可能!

カートリッジを付け替えだけでファミリーでご利用いただけます。複数人で使いたい人も1人1人1個ずつ購入するといったような費用がかさむ行為をしなくてしみます。

 

脱毛を急いでいる方はサロンより自宅でケノンを使った方が早いかもしれません。サロンだとだいたい半年、回数にして3回ほど通わないと効果が目に見えて出てきません。

 

ケノンを利用すれば脱毛したいだけ毎週脱毛することが可能です。また、髭の濃い男性にもお勧めします。ワキガなどで悩んでいる方も脇毛処理することでワキガの負担を減らせます。

 

 

ラヴィはどんな人におすすめ?

脱毛の効率より。じっくりお肌の事を考えながら脱毛したい人にお勧めです。

 

時間を要しても脱毛をしっかりしたい人、肌が弱いので肌へのダメージをなるべく抑えたい人はラヴィが良いでしょう。

 

美顔にも興味がある人、指の毛など細い部分もしっかり脱毛した人などもぜひ利用する価値があります。

 

痛みがなるべく少ないように脱毛したい人

ラヴィの機能にある4連射機能。1回の照射で一気に脱毛した方が早いことは早いです。ただし出力を抑えた4回の照射の方が肌への痛みやダメージが少ないです。

 

1回照射してから次に照射するまでおおよそ6秒ほどチャージがありますが、その間に脱毛箇所を冷やせると考えるとプラスの時間です。

 

なので、時間をかけても痛みを感じたくない人や肌がとても過剰に敏感な人はラヴィのご利用をお勧めします。

 

美顔もしたいひと

カートリッジをフォトフェイシャルに取り替えるだけで美肌モードにできるのがラヴィの長所です。シミやしわや毛穴など改善したい人は是非利用するべきです。

 

美肌の機能を使用する場合でも光を連射して照射しますので、光の出力は低く、肌へのダメージは軽くてすみます。ダメージを最小限に抑えつつ美肌を目指せるのがラヴィです。

 

細かい部位も脱毛したい人

スリムカートリッジがあるので範囲の広い照射しかできない脱毛器にはできない脱毛ができるのがラヴィの特色です。

 

指脱毛など細かい場所の脱毛には必須アイテムです。広い照射しかできない脱毛器にストレスを感じていた人にはお勧めです。

 

指は顔と同様に人の目につきやすい部分ですので集中的にスリムカートリッジで脱毛できれば清潔感も出てオシャレの自信にもなります。

 

コメントを残す

関連キーワード
ケノン, ラヴィの関連記事
  • 青髭を薄くする方法でケノンやゼロファクターの効果は?
  • 脱毛器でケノンとラヴィを比較!
  • ケノンの脱毛器で美顔?VIOの効果やトラブルは?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
顔の脱毛でディオーネの口コミや効果!
ディオーネ
ワキや腕が脱毛出来るのはもちろん多くの人が知っていますが、顔も脱毛出来る事を知らない人が大半です。 知らないせいで、カミソリで自己処理を続...
脱毛で新潟県長岡市のおすすめ!
脱毛
新潟県にも多数の脱毛サロン・エステが存在します。それぞれ特別な脱毛方法をとっていたり、特典がついていたりとサービスが充実しています。 リー...
脱毛で鼻毛のリスクや注意点!
鼻毛
体の中でも、特に要らない!と思う毛の1つが鼻毛では無いでしょうか? 人の目に最も触れる顔の中央に位置し、少しでも鼻からはみ出ていると目立ち...
30代〜40代に人気の脱毛サロンは?
脱毛サロン
中高年にもなって、今更脱毛なんてと諦めてしまっている方はいませんか?そんな事は気にする必要はまったくありません。 むしろ女性ホルモンの減退...