脱毛の悩み!毛深くてムダ毛が濃い場合はどうすればいい?

女性でムダ毛の悩みでは、毛深い、毛が濃い、太いといったことで悩んでいる女性も多いです。毛深いと自己処理に手間が掛かるだけでなく、綺麗に仕上がらないこともしばしば。

 

脱毛はツルツルでしかも綺麗な肌がキープ出来ますが、脱毛は高額の為、毛深くても効果があるのか?料金が嵩むのでは?といった不安から中々脱毛に手が出せない人も多い様です。

 

毛が濃い人、多い人でもしっかり効果が期待出来る脱毛法とは?毛深い人で脱毛方法の失敗しない選び方を教えます!

 

毛深くてムダ毛が多い女性の原因

女性は毛が細く少ないイメージ!特に最近ではムダ毛のケアは身だしなみの1つと捉えられる様になったので、毛深いのが恥ずかしいと悩んでいる女性は多いです。

 

毛深いのは遺伝のせいでどうしようもないことと思っている人も多いですが、実は毛深くなる原因は遺伝だけでは無く、努力次第では改善出来る場合もあります。

 

女性でも毛深くなってしまうのは以下の様なものが原因とされています。

 

遺伝

毛深くなる可能性が高い原因として、ご両親の毛が毛深い場合では遺伝が考えられます。

 

両親だけでなく、隔世遺伝といって、祖父母からの遺伝という場合も考えられますし、遺伝でも生まれながら毛深い場合もあれば、若い時だけ毛深いなんてこともある様です。

 

ホルモンのバランスが崩れることによるもの

男性ホルモンは多いと必然的に毛深くなってしまいます。

 

ですが、女性でも男性ホルモンは誰でも持っており、何らかの原因により男性ホルモンの値が一定値以上になると、女性でも目立つ毛が生えてしまう場合があります。

 

・食生活の乱れ

お肉中心の食生活では栄養が偏り、体に必要以上の動物性たんぱく質が溜まり、それが酸化して過酸化脂質となります。

 

これは体にあまり良い影響を与えるものでは無いのですが、体では毛からそういった毒素を排出する働きがあります。

 

肉食ではこの過酸化脂質が多くなってしまう傾向にある為、それを排出しようという働きが活発になる為、結果として毛深くなることに繋がります。

 

また、塩分の取り過ぎも毛深くなる原因として挙げられ、塩分を多く摂った場合には毛に含まれるメラニン色素が増加してしまう為に毛深くなる原因となります。

 

・睡眠不足やストレス

女性ホルモンのうちの1つのエストロゲンは体毛の濃さを左右するホルモンであり、女性の体毛が薄いのはこのホルモンが多く分泌されている為と言われています。

 

ですが、エストロゲンは睡眠不足やストレス等で簡単に減少してしまう為、こういった生活習慣が続いている場合にはエストロゲンの量が減り、体毛が濃く、毛深くなってしまう可能性があります。

 

・喫煙

タバコにはニコチンやタールといった体に害を与える成分が含まれていますが、これらは女性ホルモンを破壊する作用を持っている為、男性ホルモンが優勢となり、上記の様な理由から毛深くなってしまう可能性があります。

 

多毛症

ホルモン異常が原因とされている病気で、毛質が男性の様な、硬くて太い毛に変わります。こちらに関しては単なる毛深いだけか多毛症かは外観で明確に判断することが可能です。

 

女性では、男性ホルモンに関与する卵巣と副腎に何らかの疾患が起こることで多毛症を誘発する場合が多いです。多毛症かどうか?の判断は血液検査や画像診断等で調べることが出来ます。

 

外部からの刺激

体は本能的に、外部から強い刺激が加わると防御反応が働きます。例えば、以下のようなちょっとしたことが原因で防御反応が働き、その部分の毛が濃くなる場合があります。

 

・カミソリ、シェーバーを用いた肌に負担の大きいムダ毛処理を繰り返し行っている

・紫外線を多く浴びる

・衣服の擦れ

・体をゴシゴシと力を入れて洗うこと

・何度も同じ箇所を引っ掻くこと

 

体毛を薄くしたい場合には、今すぐできる対処法として生活習慣の改善があります。規則正しいとされる生活習慣を中心に、毛を薄くする女性ホルモンを増加させることが大切です。

 

例えば、女性ホルモンを増やす働くをする大豆商品を多く摂取すること、刺激となる行動に注意すること等で、毛質を改善するだけでなく健康面や肌の状態も良くなる様に導いてくれます。

 

自己処理は絶対ダメ?

毛深い女性では、それがコンプレックスになってしまっていることも多く、毛深いことが気になるあまり、必要以上に頻繁にムダ毛処理を行う傾向にあります。

 

毛深いということで、処理も過剰になりがちで、そのせいで肌トラブルにも繋がりやすいです。

 

カミソリ負け

毛が濃く、多い人では普通の毛質の人と比べてカミソリ負けをしやすい体質だと言われています。

 

カミソリ負けでは、赤み、痒み、痛みといった症状が現れ、肌荒れの原因となります。

 

黒ずみ

肌に負担の大きい自己処理を続けていると、肌の内部で炎症が起こり、炎症によって肌のメラニンが増えたり、肌のターンオーバーが正常に機能しなくなる為、処理を行った部分が黒ずんでしまうことがあります。

 

埋没毛や毛嚢炎

自己処理では肌に負担が大きくなる場合がほとんどで、処理で傷が出来た部分や炎症を起こした部分がある場合には、その部分がかさぶたになることで毛穴が塞がってしまうことで毛が外へ出て来られない埋没毛になる可能性があります。

 

埋没毛は見た目も気持ちが悪いものですし、間違った自己処理により雑菌が毛穴に入ってしまった場合には炎症が起こり、毛穴の中に膿が溜まってしまいます。

 

毛深いとどうしても何度もシェーバーで同じ箇所を剃ったり、短いスパンで処理を行ってしまう為にこの様な肌トラブルに繋がりやすい為、肌が荒れがちに。

 

毛が無くなっても、荒れている肌では元も子もありません。よって誤った自己処理を続けるよりは、脱毛で綺麗にしてしまった方が肌に優しく、綺麗な肌でいられます。

 

脱毛は毛深くて濃い女性のが効果が出やすい?

毛深い女性では、脱毛は本当に効果が得られるのか?と言った事も不安な点かと思います。

 

光を照射する形の一般的な脱毛では、毛に含まれる黒色のメラニンに反応する光が照射され、毛の成長をバックアップする役割を果たす毛乳頭を刺激します。

 

サロンでは出力が低く、クリニックでは出力が高い光を照射する為、クリニックでは毛乳頭を破壊して永久脱毛が可能です。

 

どちらもメラニンに反応して脱毛を行う為、毛深い人ではメラニンの量が多く、光が反応しやすいので実は効果が得られやすいというメリットがあります。

 

サロンで行う脱毛は出力が低いので、効果が見て分かる様になるまではしばらくの期間を要しますが、特にクリニックで行うレーザー脱毛では毛深い人では効果を実感するのが早い傾向にあり、早い人では2-3回目から効果を実感されている様です。

 

ムダ毛が多くて毛が濃い女性の脱毛のリスク

一般的に使用されるメラニンに反応する脱毛器を用いた脱毛では、メラニンの多い部分に強い反応を示し、その部分目掛けて光を照射します。

 

光が照射された後は皮膚下では高温の熱エネルギーが毛乳頭を刺激、破壊する為、当然その周りの皮膚もそれなりにダメージを受けます。

 

毛深い人、特に毛が濃い人では、照射された光を吸収する量が多くなる為、その分皮膚に受けるダメージも大きく、痛みを感じやすいです。

 

痛みが強い=皮膚下で炎症が起きている可能性もあり、これは毛深い人に限ることではありませんが、施術後のケアが大切です。

 

施術後の保湿や紫外線予防等をしっかりと行わなければ将来的に黒ずみや色素沈着を起こしてしまう可能性があります。

 

毛が濃い女性は脱毛サロンと医療レーザーのどちらがおすすめ?

毛が濃い女性にはレーザー脱毛が断然お勧めです。

 

というのも、光脱毛では出力が弱い為、毛が濃い女性では肝心の毛乳頭部分にまでエネルギーが届かず、効果が感じられ無い場合も予想されるからです。

 

その点レーザー脱毛では出力が高いので皮膚の奥の毛乳頭までエネルギーが届き、毛乳頭をしっかりと破壊してくれる為、濃い毛もしっかりと脱毛することが可能です。

 

医療脱毛は何回目の脱毛が効果的?

医療のレーザー脱毛では、照射したエネルギーを吸収しやすい毛がそういった毛質の方が効果を実感しやすいです。毛が濃い人、多い人では早い人では1-2回の施術で効果を実感されている人が見られます。

 

人によって毛の量、濃さや範囲が違うので、一概に何回の脱毛が効果的かは違って来ますが、レーザー脱毛では一度攻撃された毛穴から毛が生えてくることはまずないので、6回前後の施術で脱毛に満足される人が多い様です。

 

毛が濃い人では、その分毛の量が多い傾向にある為、毛が濃い分、効果は期待出来ますが、毛が多い分、回数もこなさなければいけなくなる場合もあります。

 

よって、ツルツル、スベスベの状態になるまでには平均よりは少し多めの10回前後の施術が必要になることもある様です。毛が多い人、濃い人では少し多めの回数で契約される方が良いかもしれません。

 

部分脱毛は脱毛サロンがおすすめ?

毛が濃い人、多い人では、しっかりと脱毛したい場合にはレーザー脱毛がお勧めですが、狭い範囲だったり、特定部位だけの脱毛では脱毛サロンを利用してみるのも良いかもしれません。

 

というのも、サロンではクリニックと比べると破格の低価格で脱毛の施術を受けることが可能です。安い所では部分脱毛で数百円や千円程で脱毛が出来るコースもあります。

 

脱毛サロンでは毛質を細くすることが出来たり、自己処理のスパンが短くて済む様にはなれます。

 

毛質が変わるだけでも処理が楽になり、気持ち的にも違って来ますし、毛が多い、濃い人で起こりやすい埋没毛も起こりにくくなります。

 

いずれはレーザー脱毛を行いたい場合にも、それまでのつなぎとして利用することも可能ですし、脱毛の雰囲気を低価格で知ることが出来るのでお勧めです。

 

エステサロンは回数無制限コースがおすすめ?

サロンで行う光脱毛では出力が低いので、普通の毛質の人でも中々効果が感じられ無いこともしばしばあります。

 

よって毛が濃く、多い人では効果が実感出来るまでにはかなりの期間を要し、通常の回数では満足出来ないことが容易に予想されます。

 

なので、お金を無駄にしない為にも、サロンで脱毛を行う場合には毛が濃い人、多い人では、回数無制限のコースがある脱毛サロンを選ぶことが非常に大切です。

 

そういった人でも、回数をこなすことで光脱毛でもそれなりの効果を実感することが出来るはずです。

 

剛毛女子に家庭脱毛器は効果なし?

最近では、サロンやクリニックへ行かずとも自宅で脱毛が出来る家庭用脱毛器が販売されていますが、毛が濃い、太いや多い人ではこちらはあまりお勧め出来ません。

 

というのも、家庭用ということで、効果は勿論クリニックとは劣り、永久脱毛が出来る訳ではないので、繰り返し行う必要があります。

 

さらに、出力の調整が難しく、弱いといわゆる剛毛の人ではしっかりと毛にダメージを与えることが出来ないので、効果が現れなかったりもします。

 

もし出力をうっかり間違うと、色素に反応してエネルギーが照射されるので、剛毛の人では火傷をしてしまう恐れもあるのです。

 

剛毛女子は家庭用脱毛器で火傷のリスクが高い!

火傷跡は治療を行っても完全に消すのは難しいですし、剛毛は光エネルギーを吸収しやすい為、そのリスクが高まり、大きな火傷はせずとも、皮膚下で炎症が起こる場合もあり、そういった場合には色素沈着やシミ、黒ずみに繋がります。

 

また、永久脱毛が行えるわけではないので、そういったリスクを何度も繰り返し追わなければいけませんし、剛毛では毛の量が多い人も多いので、処理自体にもすごく手間がかかってしまいます。

 

この様な理由から、手軽に脱毛が出来るというメリットよりも複数のデメリットの方が目立つ為、剛毛の人では家庭用脱毛器の使用はお勧めできません。

 

剛毛女子は医療脱毛を受けよう!

毛が太い、濃いや多い女性では、自己処理に手間がかかるだけでなく、肌への負担も大きくなり、特にそういった人では肌トラブルも起こりやすいです。

 

よって、いわゆる剛毛の人では、思い切って脱毛をしてみるのも1つの手です。特にレーザー脱毛では長くても1〜2年で脱毛が完了し、今までの煩わしかった自己処理から解放されます。

 

勿論、脱毛にはリスクも付き物なので、そういったことも受け止めて、実績のある信頼出来るクリニックで施術を受けることが大切です。

 

クリニックでは無料でカウンセリングを受けることが出来ますし、インターネット上では口コミも多く見られるので、剛毛でムダ毛処理に悩む人は一度覗いて見ると良いかもしれません。

 

コメントを残す

関連キーワード
脱毛の関連記事
  • アリシアクリニックは眉毛脱毛が不満?眉下や眉上、眉間は必見!
  • ハイジ男子の芸能人や意味!温泉や下着は?きもいの?
  • 光脱毛後に毛穴に赤みや黒いポツポツ?蕁麻疹や湿疹でだるい!?
  • 光脱毛でルネッサンスの効果や口コミ!最安値は?
  • 光脱毛は脇やタトゥーが痛い?手入れは冷やす?
  • 光脱毛で毛が抜ける仕組み!10数年後に毛が復活?2日連続はダメ?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
ゴリラクリニックに通う芸能人一覧!
ゴリラクリニック
ゴリラクリニックは医療機関ですから、エステなどと違って、より効果の高い脱毛も可能で、永久脱毛も可能な場所です。 脱毛以外にも、ワキガや薄毛...
脱毛で和歌山県のおすすめ!
脱毛
和歌山県は、名産の有田みかんで知られる近畿地方の南部に位置する県です。近畿地方では1番人口が少ないです。 しかし、和歌山県の県庁所在地であ...