脱毛が痛くないサロンの選び方!

綺麗になる為には痛みも我慢!なんて言われますが、痛みに弱い人ではやっぱり痛みは苦痛!

 

最初の方は無理して通っても、段々施術に通うのが苦痛になって途中で解約してしまったなんて声もよく聞かれます。

 

脱毛は高額ですし、通うのであれば最後まで通ってツルツルの肌を手に入れたいもの。痛みに弱い人は最初のサロン選びが肝心!痛みの少ない脱毛が出来るところを選びましょう。

 

痛くない脱毛サロンの選び方《初心者編》

脱毛は体に生えている毛に熱を加えて無理に抜いてしまう行為なので、痛いのは当たり前!

 

しかし一昔前に比べると、脱毛に使用する機械の性能がアップしていたり、スタッフの技術面も向上しているので、今では随分痛みが少なく脱毛が受けられる様になっています。

 

脱毛で痛みを軽減したい場合にはクリニックでの脱毛は強いエネルギーを使う為、効果が高い分痛みも強い傾向がある為、脱毛サロンでどこと契約をするか?を考えた方が良いです。

 

脱毛サロン選びの注意点

脱毛サロンと言っても、取り扱っている脱毛の種類には幾つかあるので、自分の痛みを我慢出来るレベルに合わせて選ばなければいけません。

 

脱毛サロン選びでは、以下の項目に注目して選ぶと失敗することなく、通いやすいサロンと出会えます。

 

・脱毛の種類

一言に脱毛サロンと言っても、取り扱っている脱毛の種類がお店によって違います。

 

最も一般的なのはIPL方式で弱いエネルギーを皮膚に当てる方法ですが、使用している機械によりSSC方式、SHR方式といった肌に刺激の少ない脱毛方法を取り扱っているところもあります。

 

IPL方式自体レーザーで行う脱毛よりは断然痛みが弱く、光を照射する際に一瞬パチンと弾かれる様な痛みがありますが、大抵の人が我慢出来るレベルの痛みです。

 

SSC方式やSHR方式では更に痛みが軽減されていて、痛みをほとんど感じる事無く、脱毛部位によっては温かく感じる程度で施術が終わる場合もあります。

 

・口コミや評判

幾ら公式サイトでは痛みが少ない脱毛法だと謳われていても、広告では過剰に表現している場合もあるので、いざ通ってみると痛くて通えない!なんてことが起こり得ます。

 

通った事のある友人に聞いたり、インターネット上では口コミで実際にサロンで施術を受けた人の感想を複数見られるので、痛みはどうか?や、痛かった場合にはどういった対処をして貰えるのか?等の情報を得ることが出来ます。

 

・契約前にお試しコースを受けて見る

気になるサロンが見つかった場合には、コレ!とすぐに契約するのではなく、まずは面倒でもお試しの体験コースを試してみましょう。

 

サロンによっては1ショットが無料で体験出来たり、ワンコイン程度でお試しが出来るところもあります。

 

一度サロンに出向いて実際に施術を体験してみることで、予め痛みを確認することも出来ますし、口コミだけでは確認出来ないお店の雰囲気や施術を行う場所の清潔感や居心地の良さ、スタッフの接客態度等も確認することが出来るので、自分と相性の良いサロンかどうか?検討しやすいです。

 

脱毛サロンの脱毛方法と効果

最近では光脱毛の中でも、上記で紹介した様な3種類の脱毛を選ぶことが出来る様になりました。

 

脱毛サロン=痛みが少なく、安いイメージがあり、安く施術を受けられるものが魅力的に見えて、料金面ばかりを気にしてしまいがちです。

 

ですが、痛みは勿論、効果面や完了までのスピードにも差がある為、いつまでに終わらせたいか?副効果もある方が良いか?等も視野に入れてどの方法の脱毛にするか決める様にしましょう。

 

・IPL方式

毛に含まれているメラニンに反応してその部分に光エネルギーを照射する仕組みになっています。

 

照射されたエネルギーは皮膚下では熱に変わり、毛を育てる毛母細胞や毛乳頭と呼ばれる部分まで届いてその能力を弱めます。

 

皮膚に熱エネルギーが加わる為、施術中では例えればゴムで弾かれた様な一瞬で終わる痛みが数回続くことになります。痛みの感じ方には個人差がありますが、我慢できない程痛い!という声は少数派です。

 

メラニンに反応する光を照射するので、毛周期のうち成長期にある毛にしか作用しない為、毛周期を狙って数か月に1度と期間を空けて通う必要があります。

 

IPL方式に使われている光は、元はエステのフェイシャルでも使用されていたものなので、施術後は毛穴がキュッと引き締まって美肌効果も狙えます。

 

・SSC方式

施術前では、脱毛部位に肌を保護するジェルを塗るのが一般的ですが、SSC方式ではジェルの働きが違い、美容効果が高いジェルで抑毛成分が配合されたビーズも含まれているのです。このジェルを脱毛部位に塗り、ビーズに反応する光を照射します。

 

そうすると光エネルギーによってビーズが弾けて肌に浸透し、成分が毛の根本に働きかけることで抑毛効果が期待出来ます。

 

毛の根本に成分を届けるのが目的なので、こちらも成長期の毛に有効な為、毛周期を考えた2-3ヵ月に一度の施術を行います。

 

皮膚下に光が直接作用する訳では無いので、肌に低刺激で痛みも感じにくいですし、ジェルには美容成分もたっぷりと含まれており、そういった成分も肌に浸透させてくれるので施術後はしっとりとした潤った肌になれます。

 

・SHR方式

弱いエネルギーを照射するということには変わりはないのですが、上記の2つの方法とは根本的に違っており、弱いエネルギーを連続的に同じ脱毛部位に照射することで毛のまだ生えていない毛包と呼ばれる部分に対して作用して抑毛効果を発揮します。

 

毛を作る基となる部分にアプローチが出来るので、光脱毛でも高い効果を得られやすく、毛包をターゲットとする光を照射するので、毛周期に関係なく1カ月に1度のペースで施術を受けられます。

 

メラニンのあるないに関わらず施術を行えるので、他の方法では行えない色素沈着がある部分の施術も可能な上に、塗布するジェルには美容成分が配合されている為、施術後はスベスベのお肌が手に入ります。

 

痛みも、直接毛根を破壊する訳ではないので温かく感じる程度です。毛周期を気にせずに脱毛を進めることが出来るので、完了まで最短6ヵ月程で完了することが出来ます。

 

夏に脱毛サロンを受けるのがおすすめ!?

脱毛は夏に初めてもその年の夏シーズン中に脱毛が完了することはまず無いので、夏に間に合う様に脱毛するにはもっと早い段階から準備しておかなければいけません。

 

脱毛は脱毛スピードの早いサロンに通ったとしても、最低半年はかかるので、秋頃にスタートすれば次の年の夏には間に合います。

 

夏は脱毛に向いていない季節!?

実は夏が脱毛に向いていない理由は他にもあり、脱毛中ではほとんどのサロンが、メラニンに反応する光を用いる脱毛法を採用している為、夏の紫外線が強い時期に脱毛をすると、気を付けていても日に焼けてしまうことも多々あります。

 

光のターゲットとなる箇所が散乱してしまい、効果が十分に期待出来ない場合があります。また、過度の日焼けは火傷を招く恐れもある為、ほとんどのサロンでは施術を受けられません。

 

紫外線は施術後の弱っている肌には大きな刺激となってしまうので、施術後でも紫外線対策がきちんと出来ていない場合には、その刺激から色素沈着、肌荒れを起こしてしまう可能性もあります。

 

夏場は汗、皮脂の量が増えるので肌は乾燥しやすくなっています。施術後の乾燥しやすい肌に夏場の肌の乾燥も加わることで肌トラブルにも繋がります。

 

こういったことから、脱毛を始めるのであれば、紫外線の強い夏場は外して、紫外線量が減って来る秋や冬で、肌の状態も安定している時期に行うのがお勧めです。

 

脱毛サロンの施術の流れ

脱毛を行うのが初めての方では、施術についても疑問がいっぱいだと思います。ここでは脱毛サロンで行う施術の流れをざっと説明していきます。

 

予約、カウンセリングを終えて施術当日では、まずは肌の状態のチェックを行い、施術が可能な状態であるか?を確かめます。

 

施術が出来る状態であれば指定の服に着替えて施術を行う準備を始めます。施術部位のマーキングや、消毒を行った後、肌を保護したり、美容成分や抑毛成分の入ったジェルを塗布し、施術スタートとなります。

 

光を照射した後では冷却や保湿等のケアをして終了となります。

 

使用している機械により、ジェルの塗布が不要であったり、クールダウンも施術中に同時進行のところ等もありますし、保湿でもオプションでスペシャルケアをして貰えたりと大筋の流れは同じですが細かなところはお店によって千差万別です。

 

脱毛サロンで痛い部位と施術時間の目安

脱毛する部位によって毛の濃さや量に差がある為、痛みも違って来ます。比較的痛みを感じにくい脱毛サロンでの脱毛であっても、他の部位と比べると痛みに驚いたという声が多いのがVIOラインです。

 

この部分では毛の密度が高く、1本1本の毛もしっかりとしている太く濃い毛が多い為、光エネルギーを吸収しやすいです。

 

なので他の部分と比べるとどうしても大きなエネルギーが加わってしまう為、痛みを感じやすい部分になります。

 

痛い部分は手っ取り早く終わらせられる方が良いですよね?VIOラインを脱毛するつもりで、痛みに弱い人では、施術時間が短くて済む脱毛方法を選ぶのも手です。

 

上記で紹介した3つでは、脇で比較すると、IPL方式ではおよそ10分、SSC方式であればおよそ3分、SHR方式ではおよそ1分で施術を終えることが出来ます。

 

脱毛サロンとクリニックの違いとは

この2つの一番の違いは脱毛効果です。クリニックで行う脱毛はサロンの脱毛をレベルアップしたものと思って下さい。

 

強いエネルギーを照射する為、痛みも強いですが、効果も現れやすく、効果の継続期間も長い傾向にあります。

 

料金に関しても勿論差があり、クリニックでは高額になる場合が多いものの、脱毛回数は断然少なく完了することが出来ます。

 

サロンはその逆で、低価格で始めやすく、通いやすい反面、回数が必要ですが痛みが少なく脱毛が行えます。

 

痛くない脱毛サロンはディオーネが一番!

少しでも痛いのは嫌!と言う人には、ディオーネで取り扱っているハイパースキン脱毛をお勧めします。

 

ハイパースキン脱毛を始められるのは3歳以上となっている為、想像して分かる通り痛みを全く感じずに脱毛を行うことが出来ます。

 

更に、他のサロンでは施術を断られることも多い敏感肌やアトピー肌の人でもこの方法であれば脱毛が可能で、肌にほとんど刺激を与えずに脱毛を行うことが可能です。

 

ハイパースキン脱毛の仕組み

他の方法とはメカニズムが違っており、ハイパースキン脱毛では弱い光を照射しますが、それが作用するのは毛が生える基となる種の部分です。

 

種が成長しなければ葉が出てこない様に、ハイパースキン脱毛では種に作用する光を照射して種の働きを弱らせるので、毛が生えて来るのをブロックすることが出来ます。

 

ハイパースキン脱毛の光の実態とは

使用する光はフォトフェイシャルの機能も3割含むので肌に低刺激で美肌効果が期待出来るものとなっています。

 

皮膚下の温度もほとんど体温と変わらない程度までしか上昇しない為、痛みを感じる事無く、肌トラブルの心配もほとんどありません。

 

それでいて従来のものと比べても効果は劣らないということなので、痛みに特化した脱毛を受けたい人には一押しです。

コメントを残す

関連キーワード
脱毛の関連記事
  • アリシアクリニックは眉毛脱毛が不満?眉下や眉上、眉間は必見!
  • ハイジ男子の芸能人や意味!温泉や下着は?きもいの?
  • 光脱毛後に毛穴に赤みや黒いポツポツ?蕁麻疹や湿疹でだるい!?
  • 光脱毛でルネッサンスの効果や口コミ!最安値は?
  • 光脱毛は脇やタトゥーが痛い?手入れは冷やす?
  • 光脱毛で毛が抜ける仕組み!10数年後に毛が復活?2日連続はダメ?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事