シースリーのキャンセル料金やキャンセル方法!いつまで?キャンセル待ちは?

人気の脱毛サロンともなると予約を取るのも大変です。せっかく脱毛エステの予約をとったのに、忙しくて行けなくなった。そんな体験をした方はいらっしゃるでしょう。

 

シースリーでキャンセルをした場合のキャンセル料、最悪、予約日時を過ぎて遅刻してしまった時などいったいどうなるのか、違約金は発生するのかなどを紹介していきます。

 

 

シースリーのキャンセル料金

エステに予約を入れていたけど急な用事ができてしまいキャンセルをいれなければならなくなったというケースがあります。

 

シースリーは施術を受ける予約時間の1分前であっても、キャンセルする旨を伝えればキャンセル料が発生しません。

 

サロンによっては、当日キャンセル不可のところや、キャンセル料として幾らか支払わなくてはいけなくなったり、ペナルティーが設けられている場合もあります。

 

長期間通い続ける訳なので他のサロンでは無駄な料金が発生してしまうことも十分起こり得ますが、シースリーは当日キャンセルをしても料金やペナルティーが発生しない唯一のサロンなので、無駄な料金が発生する可能性を最小限にまで減らせます。

 

キャンセル料の有無の確認は重要!

脱毛は肌の状態によっても行えない場合がありますし、長期間通う訳なので、急用が出来ていけなくなってしまうことや、急に体調不良でキャンセルせざるを得なくなってしまうことも考えられます。

 

なので、サロン選びの際に重視すべきなのが、遅刻やキャンセルした場合の対応についてです。その点、シースリーはどのサロンに比べても通いやすいサロンと言えます。

 

サロンでありがちな予約が取りにくいといったことも無く、時間に融通が利くので忙しい人には特にお勧めです。

 

 

高いキャンセル料を取られるとなるとかなり損した気分になります。比較的決まった生活サイクルを高い確率で送れて、確実にサロンに通える人は問題ないでしょうが、空いた時間などに脱毛に通いたい人などは、高いキャンセル料は痛いです。

 

シースリーのキャンセルの方法

シースリーでは回数無制限のコースがあり、ムダ毛が目立たなくなったあとでまた太い毛などが生えてきてしまった場合、好きなだけ施術してもらえる人気のコースです。

 

こういったサービスはシースリー独自のもので非常に評判が良く、注目を集めています。このように魅力的なサービスを展開しているためお客も年々増えています。

 

そのような人気店は月初めに予約が集まる傾向にあるため、予約を抑えるのに大変です。せっかく予約したのにキャンセルしなければならない時は大変残念でしょう。

 

ですが、仕事などが忙しく、自分が通う店舗のキャンセルをやむなく行わなければならない時は、すみやかに自分が予約した時間の前に電話でキャンセルする事を伝えましょう。

 

例えそれが予約していた数分前でも構いません。ですが予約をした日時を少しでも過ぎてしまえば厳しい違約金が発生してしまいます。

 

シースリーはいつまでにキャンセルすればいい?

どんなに忙しくて電話する暇さえなくても予約した日を無断でスルーしてしまってはいけません。基本的に予約キャンセルのタイミングは予約日時の前までになります。事前に予約日時の、前のタイミングなら問題なくキャンセルできます。

 

予約日時ぎりぎりになってもしっかりその前に連絡を入れておくとキャンセルできるのはありがたいです。

 

他店と比較してみるとどうなの?

大抵のサロンでは予め脱毛施術の日の前の前の日までにキャンセルすれば代金をとられません。これがぎりぎりの前日ともなればキャンセルの代金として1000円取られる場合もあります。

 

さらに予約日にまでキャンセルがずれ込むと1000円と一回分の脱毛施術回数が消費されてしまいます。

 

 

▪︎銀座カラーのキャンセルについて

銀座カラーなどでは予約日の前日、夜の7時まではキャンセル代金は取られません。それよりキャンセルが遅れると脱毛回数が一回消費されていた事になってしまいます。

 

回数制以外のコースプランを選択しているケースでは2000円のキャンセル代金の支払いを求められます。遅刻などで決められていた予約日時を過ぎてしまうとさらにキャンセルの代金が2000円になってしまいます。

 

▪︎エタラビのキャンセルについて

エターナル・ラビリンス通称エタラビでのキャンセル対応はというと、予約日の前日夜9時までに連絡を入れればキャンセルの代金は発生しません。

 

シースリーの無断キャンセルは問題ない?

これはエステサロンに限った事ではないですが、一旦予約したものを知らん顔して無視するという行為は社会人として問題があります。

 

もちろんシースリーにおいてもそれは同じです。無断で予約した日をスルーする行為は違約になります。

 

キャンセルするときはお店の規約を守り、例えぎりぎりになったとしても予約日時の前にキャンセルする報告を店舗側に伝えなければいけません。

 

シースリーの無料カウンセリングのキャンセルについて

カウンセリングを受けるという事は苦手な人もいるでしょうが、シースリーにおいては重要な施術前の準備になります。

 

シースリーではお客様にあったプランを共に、サービスを詳細に決めるため無料で行うカウンセリングを非常に大事にしています。

 

このカウンセリングではどんな事を説明されるのかと言うと、どのようにシースリーでは施術を行うかなどの説明や、予約の方法、キャンセルについてなど話す事になります。

 

カウンセリングセンターで予約をキャンセルできる!

カウンセリングについては家庭の事情や仕事の都合などで受けられない事態になった場合、カウンセリングの予約をしておいた店舗にキャンセルを伝えましょう。

 

またはシースリーにはカウンセリングセンターがあり、そこに連絡するとキャンセルできます。

 

エステサロンに限らず例えば飲食店でもホテルでも土壇場でキャンセルなどしたら相手も仕事ですから非常に迷惑がかかりますし、トラブルの原因にもなりかねません。

 

ですから、カウンセリングを受ける前日までにはキャンセルするなら連絡をいれておきたいものです。

 

 

コメントを残す

c3, 脱毛サロンの関連記事
  • キレイモで脇だけや脇以外の全身脱毛?両脇の効果は何回?料金は?ワキガが治る?
  • シースリーの全身脱毛の口コミ!9ヶ月や13回目の効果は?
  • シースリーの顔脱毛の範囲!口コミや値段は?ニキビやアトピーでもok?
  • シースリーのどこでも予約の使い方!何時から?遅刻の連絡は?
  • シースリーは中学生も脱毛が可能?
  • シースリーのアンダーヘア(VIO)脱毛の口コミや評判!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
VIO脱毛で後悔するポイントとは!?
VIO脱毛
脱毛に通うことは今では珍しくなくなり、大多数の人が脱毛に通っており、最近ではVIOラインまでしっかり脱毛を行うことが主流になって来ています。...